• 最新情報
  • 習いごと

[2018/03/01]

神奈川県が私立高校無償化 年収590万円未満世帯が対象 生活・経済・教育

この記事をクリップする

  • 湘南ニュース

神奈川県は、今年4月から、生徒の保護者などの経済的負担を軽減するため、私立高校の授業料の実質無償化に踏み切るという。年収約590万円未満の世帯が対象で、2020年度から実施を打ち出す国に先駆けた取り組み。
対象は県内在住で、県内の私立高校に在学する生徒。中等教育学校の後期課程、専修学校の高等課程も含まれる。申し込みは各学校を通じて申請する。
高校授業料無償化については、2014年度の入学生から公立高校に通う年収910万円未満の世帯で無料となったが、私立高校は国が所得に応じて支援金を支給し、負担を軽減してきた。
2020年度からは、国が就学支援金を加算する形となり、同じ条件世帯で実質無償化を行うことになる。