• 最新情報
  • 習いごと

[2018/04/30]

東京 巣鴨ぶらりさんぽ・04 ( おつまみ編 ) 地域・観光・歴史

東京・巣鴨 『 はち八 巣鴨店 』

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

こあり

こあり

食べ歩き好きが高じ、1人でどんなお店にも入れる”おひとりさま上手”に。湘南地域はもちろんのこと、趣味に観光に食べ歩きに広範囲の「行ってみたい」「やってみたい」と感じていただける記事を発信していきたいです。

巣鴨で 明石焼 発見!

こんにちは、こあり です。

東京 巣鴨ぶらりさんぽ・03 に引き続き、 古き良き 昭和の香り漂う 懐かしい街並み ・  巣鴨 をお散歩してきた様子 をお送りしています 

歩き疲れたので、ちょっと休憩がてら何か軽く食べようかなと店々を見ていると…メニューに  明石焼  があるお店を発見!
こちらの 『 はち八 巣鴨店 』 さんです。

201804-71

◆ 明石焼 とは
兵庫県明石市の郷土料理。
小麦粉が主体であるタコ焼きと違い卵が主であるため非常に柔らかく、フルフルほわほわした食感。
具材はタコのみで、だし汁につけていただく。

美味しい 明石焼 が食べたい一心で 本場・兵庫県明石市にある魚の棚 ( うぉんたな ) 商店街 まで足を運び、5店舗もハシゴして様々なお店の明石焼きを食べまくった経験があるほどの明石焼好きな私。
関東ではありそうでなかなか出会えないので、これは入っておくしかないでしょう!

店内の雰囲気がまた いい味出してます

201804-72

店内はかなり狭く、奥に向かう通路の隅にテーブルを置いているような配置で、その横をせわしなく店員さんや他のお客さんが歩いています。

キッチュ感溢れる小さめのテーブルと椅子に、全体的にごちゃっ!とした雑多な雰囲気。
巣鴨の地にふさわしい、 昔ながらの下町の 居酒屋感満載 で、いい味出してます 

201804-74

所狭しと壁に貼りまくられたメニューやポスターたち。
メニューがちょっと黄ばんでいるのは演出なのか経年変化なのか、このレトロ感醸し出しが good です!
こういう雰囲気、好きな人にはたまらないんじゃないかな~。

巣鴨で明石焼をいただける幸せ

201804-75

店内やメニューを眺めながら待つことしばし。

明石焼

明石焼

やってまいりました 明石焼!
いや~まさか巣鴨の地でいただけるなんて、嬉しい限りですね。
手前の大き目のおちょこのような器に入っているだし汁を小皿に注ぎ、つけながらいただきます。
青海苔やかつおぶし、ソースやマヨネーズが盛られて色とりどりになるたこ焼と比べると、見た目も食べ方も味もちょっとお上品なイメージになるのかな。
たこ焼とは違う 明石焼特有のふわとろ感 、ちゃんと出てます。
このふわとろ感がね~幸せで癖になるのよね~。

前出の本場・明石市では朱塗りの板の上に載った状態で出てくるのがスタンダードなようだったので、できれば板が朱塗りだと見た目的に更にテンション上がるかも!

焼きそば

焼そば

「 名物 」 とメニューに朱書きされていた 焼そば も思わずオーダーしてしまいました。
肉たっぷり、麺が太めで一見焼うどんのようです。
スタンダードなソース味でちょっとつまむのに丁度良い量でした。

ごちそうさまでした~ 

東京 巣鴨ぶらりさんぽ・05 につづく )

『 はち八 巣鴨店 』

住所 : 東京都豊島区巣鴨4-17-12安藤ビル1F
電話 : 03-3915-1738

HP : http://sub.takoyaki-hachihachi.com/