• 最新情報
  • 習いごと

[2017/03/03]

手仕事の芸術 – パッチワーク展を見に行こう 生活・経済・教育

パッチワークキルト奮戦記・番外編

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

こあり

こあり

食べ歩き好きが高じ、1人でどんなお店にも入れる”おひとりさま上手”に。湘南地域はもちろんのこと、趣味に観光に食べ歩きに広範囲の「行ってみたい」「やってみたい」と感じていただける記事を発信していきたいです。

パッチワークは見るのも勉強

こんにちは、こあり です。

裁縫が苦手な主婦が一転、パッチワークにハマってからの鈍い歩みを 『 裁縫苦手な主婦が頑張る! パッチワークキルト奮戦記 』 で不定期にお届けしていますが、今回はその 番外編として 藤沢市内で活動されている パッチワークサークルさんの展示会 を見に行ってきましたので、その様子をお届けしま~す

身近な作品展を見に行くのもまたコレ勉強( キリッ
というワケで、藤沢市民ギャラリー で 2月21日~ 26日まで行われていた 『 湘南フレンド パッチワークキルト展 』を見に行ってきました 

201703-34

大きめのタペストリーから手軽に作れる小さなタペストリー、コースター大のものからバッグまで、展示内容は多彩です。

多種多彩な作品たち…見ているだけで楽しいです

『 湘南フレンド 』さんは鵠沼海岸の先生のご自宅で15年ほど前から続いているパッチワークサークルさんで、先生を含めて6名ほどの仲良しグループの会だそうです。

201703-35

こちらは色鮮やかな ハワイアンキルト 中心のコーナーですね。

ハワイアンキルト とはパッチワークの一分野で、ハワイ特有の動植物などをモチーフにアップリケを主体にして作成してゆく手法です。
色合いやモチーフに癖があるのでパッチワーク愛好家の中でも好き嫌いの分かれる分野ですが、私は最初に師事した先生がハワイアンキルト好きな方だったため、きっちり教えていただけて幸運でした

壁には伝統的なパッチワークのモチーフである ” レモンスター ”” ハウス ” を使った物も見受けられますので、基礎からハワイアンまで 多種多様な作品に取り組んでいらっしゃる教室だということが分かります。

201703-37

こちらは布団大の 大きなタペストリー です。
入場料が必要な大きな展示会に行くと、殆どがこのような 1辺が 2m前後のタペストリーの展示だったりします。

当然ながら初心者の私はまだこのような大作は仕上げたことがなく…。
5cm角などの小さなピースを延々縫いつないでいくのに、なぜ歪まずこんなにちゃんとした長方形になるのか 全く理解できません!
凄い!の一言です

ウォーターカラーキルトってなあに?

代表の 吉見恵里子先生 は最近、ウォーターカラーキルト という手法にハマっていらっしゃるそうです。

201703-31

初めて見る手法なので、吉見先生にすこしお話を伺いました。

「 ウォーターカラーキルト はアメリカ発祥のキルトの手法で、花柄プリント生地を四角いピースにしてグラデーションを作りながら水彩画を描くように縫いつなげてゆくことを指します。
日本語では 水彩画キルト と言いますね。
本来はこの手法で景色などを描いていくものです 」

そうなんですね~
凝ったグラデーションがとっても美しいです

201703-32

こちら全てウォーターカラーキルトです

「 私自身、この手法に惚れこんでしまって。
本場アメリカ でこの手法を習得された先生が横浜で教えていらっしゃるので、
1年ほど前からそちらに習いに行っているんですよ 」

さすが先生、あくなき興味と探究心 ですね!

201703-33

こちら、先生が通われている教室で高評価だったそうです

『 湘南フレンド 』の生徒さん達も徐々にこのウォーターカラーキルトを作成し始めているそうです。
幾つになっても 新しいことにチャレンジするのはワクワク しますよね!

( ちなみに 『 湘南フレンド 』 さんはお友達同士の集まりなので、新規のお仲間は残念ながら募集していないとのことです )

出口では猫ちゃんたちがお見送り

201703-39

真ん中の猫ちゃんのつぶらな瞳がなんとも言えませんね~

こちらは、かなり前に作られた先生の作品だそうです。

胴体の部分が1枚布ではなく、細長い布を菱形に縫い合わせて作ってある、つまり パッチワークの手法 になっているというのがお分かりいただけるかと思います。
こういう立体作品も結構作っちゃうんですよ、パッチワークって。

「 ぬいぐるみをパーツごとに縫って作るだけでも面倒なのに、1枚布で済むところをわざわざパッチワークで!? 」
と写真を見て驚愕してしまった貴方、大丈夫です!
経験者の私でもその手間暇に メマイ がしますので!(笑)

皆さんの素敵な作品 を見せていただくことで、私ももっと頑張らなきゃ~!とパワーをいただけた1日でした

藤沢市民ギャラリー

藤沢市藤沢438-1 ルミネ藤沢店6F
開館時間 : 10:00 ~ 19:00 ( 入館18:30まで )
休館日 : 毎週月曜
電 話 : 0466-26-5133

URL:https://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/c-hall/kyoiku/bunka/shisetsu/gallery-tenji.html