• 最新情報
  • 習いごと

[2017/09/05]

名古屋発・天然氷のかき氷を東戸塚で食べてきました 料理・グルメ

氷菓処にじいろ 期間限定販売

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

こあり

こあり

食べ歩き好きが高じ、1人でどんなお店にも入れる”おひとりさま上手”に。湘南地域はもちろんのこと、趣味に観光に食べ歩きに広範囲の「行ってみたい」「やってみたい」と感じていただける記事を発信していきたいです。

食べてみたい ” 今どきのかき氷 ”

こんにちは、こあり です。

ここ数年、ちょっとした かき氷ブーム ですよね。
いま流行っているのは昔ながらの粒が細かくてシャリシャリしたかき氷に市販のあま~いシロップをかけたものではなく、氷は 天然氷、シロップは 甘さ控えめの 自家製、を謳った 1ランク上 のちょっとお値段お高めのかき氷かと思います。

そういうの食べてみたい…っ!と思いつつも、行列に並ぶのが苦手なうえ暑さに弱いため、ブーム真っ只中で行列必至のかき氷店の店外で真夏の炎天下に並ぶ~? そんなの無理無理~!
ということで残念ながらこれまで縁がなかった ” 今どきのかき氷 ” 。

ですが今回、名古屋のかき氷屋さん が 期間限定 で 西武東戸塚店 さんに出店していると聞き、涼しい建物の中での催事ならバテずに並べるかも!ということで行ってきました~ 

天然氷のかき氷を求めて東戸塚へ

201709-02

こちら、 7月21日 (金) ~ 8月20日 (日) まで期間限定で西武東戸塚店に出店していた
「 氷菓処にじいろ 」 さんです。

本店は 名古屋市内 にあり、日光の天然氷 「 四代目徳次郎 」 を使ったかき氷専門店さんとのこと。

201709-04

こちらの看板にあるように、使用しているシロップも香料、着色料、保存料などが入っていない身体に優しい自然のもの。
天然氷 と 添加物なしの シロップ、これはおいしくないわけがない!
期待が膨らみます。

多彩な12種類のシロップメニュー

201709-03

シロップは、北は「 北海道産 汁ようかん 」から南は「 徳島県産 和三盆糖蜜 」まで国内各地の12種類から選べます。

今回は「 栃木県産 とちおとめいちご 」「 栃木県産 ブルーベリー 」をオーダー。
氷の産地が日光( 栃木県 )とのことなので、やはりここはシロップまでも栃木づくしで攻めちゃいます!

ちなみに神奈川県産は 「 さくらみつ 」 でした。
… さくらみつ …?
よく分かりませんが、さくら並木から集めた蜜ってことかな~と推測。

注文後、涼しい館内でしばし待ちます。

天然氷は眉間がキーンとしないって本当?

栃木県産とちおとめいちご

栃木県産とちおとめいちご

出来上がったかき氷は、削った氷の塊がまるで繊維のよう!
シロップは、いわゆる市販のいちごシロップのドぎつい赤色とは違う 生のいちご色 で、いちごの粒々がしっかり残っています。
発泡スチロールの器とプラスチックのスプーンがちょっと残念でしたが、催事出店なので仕方ないですよね。

栃木県産ブルーベリー

栃木県産ブルーベリー

ブルーベリーというと紫のイメージですが、果肉や果汁はこんな色なのかな。
最後まで味が濃すぎたり薄すぎたりすることもなく美味しくいただけて、本当に 眉間もキーンと なりませんでした !

両方とも氷がすごく柔らかくてシロップも甘さ控えめなので、メニューにある12種類全部一気食べもできそうな勢いでした。

お店の方に少しお話を伺ったところ

「 昨年に続き、 2年連続 の東戸塚への期間限定出店になります。
昨夏は暑かったので沢山のお客様がいらして随分お待たせしてしまいましたが、今年は 8月になってから涼しい日が続いているので昨年ほど混んでおらず、あまりお待たせせずに召し上がっていただいています 」

やはりかき氷は季節物なだけに、客足が気候に左右されるんですね。
今回ほぼ並ばずに美味しいかき氷が食べられたのはラッキーでした 

今年の神奈川への出店は終了してしまいましたが、もしかしたら来年も東戸塚に来ていただけるかも知れないので、かき氷好きな方は来夏を狙ってみてはいかがでしょうか。

名古屋に行った際には、ぜひ本店でガラスの器でいただいてみたいですね!

ごちそうさまでした~

氷菓処にじいろ

愛知県名古屋市西区那古野2-17-12
050-5592-8200
営業時間 : 11:00~19:00
定休日 : 水曜日( 夏季は休まず営業 )
HP : http://天然氷のかき氷.com/

( 地図は記事中の特別販売が行われた西武東戸塚店を示しています )