• 最新情報
  • 習いごと

[2017/01/27]

HAPPAのまじめな写真術♪:vol.1 「冬編」 生活・経済・教育

逆光を活かす&ローアングルで奥行きをだす

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

HAPPA

HAPPA

写真と旅とカフェを愛する、2児の母です。 今年の目標は、砂糖と小麦粉を控えて「激しく!」運動すること。 季節感を大切に、湘南のおいしい&HAPPYな空気をお届けします!

突然ですが、あなたは写真がお好きですか?

私は、写真を撮ることと観ることが好きです。(撮られるのはちょっと苦手・・・)

10数年前ですが、3年間ほどカメラマンをしていたこともあり、その時に学んだ貴重な経験を大切に、日常的に写真を撮り続けています。

写真を撮り続ける為には「テーマ」があるといいと言われますが、私の場合はあまりこだわってないです。

強いて言えば、今は「湘南」と「わが子」かな?

 DSC02878 (400x219)

湘南は自然が近いので、四季折々の絵になるフォトスポットに恵まれていますね!

地域特派員3年目となる今年は、私が持っている写真の簡単な知識を、季節ごとにupしていきたいと思います。

今回は、「冬編」と題しまして、冬の海での撮影についてです。

DSC02885 (400x225)

 海での撮影に冬がおすすめな理由は、2つ。

①晴れる日が多いため。空が青く晴れ渡り、海の色も澄んできれいです。朝焼けや夕陽の光は、冬が一番美しい!くっきりと冴えわたる積雪の富士山も期待できます。

②強風の日が少ないため。カメラは潮や砂に弱いので、風があまりにも強い日の撮影はできれば避けたほうがいいです。撮影した後は、カメラの掃除を忘れずに!

ちなみに私が現在使っているカメラは、Nikon F5(フィルム式一眼レフカメラ) Nikon D7100(デジタル一眼) FUJIFILM XQ2(コンデジ)です。

DSCF1416 (400x300)

Nikon D7100は、カメラマン時代のマニュアルレンズが使用可、重すぎず軽すぎずシャッター音や画質も自分好み(←ここ大事!)、尚且つ予算の範囲内(笑)という理由で選びました。

オートでもマニュアルでも直感的にストレスなく(←ここも大事!)楽しく撮れます。

地域特派員の取材でデジイチを使っていた時期もありましたが、今はコンデジをメインで使用しています。(スマホを持たない私の日常に、コンデジは必須。)

DSC_0263 (400x267)

いつもの撮り方に少しのエッセンスを加えるだけで、写真は一味変わります。

例えば、逆光を活かした写真。

DSC02892 (357x500)

人物を撮る場合、順光で正面から良い表情を狙うのは王道ですが、逆光を活かしてシルエットにしてしまうのも楽しいです。

被写体に動きがあると、さらにいい写真になりますね。

ただ、今のカメラは高性能なため、逆光でもオートで撮ると被写体に露出をあわせてしまい、うまくシルエットにならないこともあります。

カメラメニューに露出補正機能がついていれば、ー(マイナス)に調整してみて下さい。

逆に、シルエットにしたくない、逆光でちゃんと表情も撮りたいという場合は、+(プラス)に補正すると、雰囲気のある美しい写真になります。(順光で眩しい顔になることもないです!)

*光の種類や向き、コントラストにもよります。

DSCF1418 (300x400)

露出補正ボタンはこのマーク

写真は絵画と違い、そこに「何もなければ」面白いものが撮れません。

逆をいうと、「何か特別な状況」があれば、面白い写真が撮れるわけです。

雪が降った後の海岸なんて、それだけでかなり面白いですよ!

DSC03933 (333x500)

2014年、関東に大雪が降った数日後の写真です。

すこし雪が溶けだしていて、砂浜が水玉模様に♪

はしゃぎまわって遊ぶ子供たちの姿も、シャッターチャンス満載♪

次に雪が降る日を楽しみにしているのは、子供だけではないのです。

DSC03910 (400x225)

また、「何が撮りたいのか」をわかりやすく表すために、ローアングルで誇張するのもひとつの手法です。

砂浜に降り積もる雪、青空を映した水面、暮れゆく空など・・・その時心動かされたものを、より多く画面に入れます。

見慣れた目線より下から撮ると、奥行きや立体感のある非凡な写真になります。

いろんな角度から見ることを意識するようになると、自然とフレーミングが変わってきますよ。

DSCF1370 (300x400)

海岸に打ち上げられていた「謎の泡」…

写真の師匠から教わったことで印象的なのが、「まずよく見て、感じること。それからシャッターを切れ」という言葉です。

技術をあげることはいくらでもできる。

でも写真に正解なんてない。

そこが写真の一番の魅力なのかもしれません。

DSCF1354 (400x300)

今回掲載した写真は、全てコンデジで撮影しました。

次のHAPPAのまじめな写真術♪:vol.2は「春編」です。

お楽しみにー♪