• 最新情報
  • 習いごと

[2017/06/30]

2020オリンピックイヤーに向けて、今 アーチェリーが熱い! 後編 文化・スポーツ

藤沢市アーチェリー協会 『 初級アーチェリー教室 』

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

こあり

こあり

食べ歩き好きが高じ、1人でどんなお店にも入れる”おひとりさま上手”に。湘南地域はもちろんのこと、趣味に観光に食べ歩きに広範囲の「行ってみたい」「やってみたい」と感じていただける記事を発信していきたいです。

こんにちは、こあり です。

前回 に引き続き、藤沢市アーチェリー協会主催の 『 初級アーチェリー教室 』 に参加した様子をお送りしています。

こちらが的です。遠い~!

的が!遠くてよく見えない!

的が!遠くてよく見えない!

秋葉台文化体育館内の弓道場は屋内から屋外にある的を狙う造りになっていて、 この写真を撮影している位置、 25mの距離 から弓を引きます。

私が近視のせいもあるのかも知れませんが、この距離、自分が放った矢の軌跡も、的のどこに矢が到達したかもさっぱり見えずビックリです。
競技としてのアーチェリーは最低でも 30m から、オリンピックラウンドになると 70m とのことなので、練習用の 25mですらこんなに見えないなんて、とても中心に当てられる気がしません 

もちろん初級教室の生徒がいきなり 25mを射ることができるわけはなく、まず 5m程度から練習 を始め、 10m、18m、25m…と徐々に的を遠くしていきました。

まだまだですが…恥を忍んで自分の的を公開

201706-38a

こちらは アーチェリーの正式な的 で、どの距離であってもこの的を使用するのだそうです。
中心部分が最も高得点 ( 10点 ) で、円を外れた矢は 0点としてスコアカードに ” M ” と表記されます。
多分ミステイク( mistake )の M なのだろうと思いますが、生徒みんなで 「 的外れのMだよ 」 と言い合っていました (笑)

上の写真は私の的ですが、点数としては 9 + 7 + 6 + 6 + 5 + 3 = 36 というスコアになります。
見て分かるとおり当たる場所がまとまっておらず、まだまだ 身体がブレている 証拠ですね。

ちょっとお話をうかがいました

教室の講師をされている 藤沢市アーチェリー協会 のお二方にお話をお伺いしました。

講師の小牧先生

三國連太郎に似ていると評判の小牧先生

「 現在、藤沢市においては藤沢市アーチェリー協会のもと、
湘陽アーチェリークラブ 
藤沢アーチェリークラブ 
御所見アーチェリークラブ
の 3つのクラブがあり、総勢約 60名が在籍しています。
平均年齢は 50歳くらい、女性は2割程度といったところでしょうか 」

アーチェリーに触れる機会というのは普段なかなかありませんが、藤沢市では 沢山の方がアーチェリーを楽しまれている のですね!

講師の大里先生

手先が器用でDIYがお得意な大里先生

「 藤沢市内にはアーチェリーのできる場所が 4ヶ所( 弓道との共同利用含む )あり、かなり恵まれている方かと思います。
全国大会の壮年の部で 3年前 優勝一昨年 準優勝 をした方も在籍しています。
そこまでできる方というのは練習量が別格で、最終的には自宅にアーチェリー場を作ってしまう人も多いですね 」

まさに ” 凄腕 ” の方が在籍していらっしゃるのですね!
そういえば自宅にアーチェリー場がある方、以前ご近所にいらっしゃいました。

「 毎年 春・夏・秋の 3回ほど 初級教室を開催 しています。
昔は初級教室10日間、中級教室5日間という体制でしたが、数年前から併せて 6日間 というコンパクトな教習にしましたので、より受講しやすくなったかと思います。
興味のある方はこの機会にどんどん挑戦してみてほしいですね ! 」

本年度の 『 夏の親子アーチェリー体験教室 』 ( 全1回 )と 『 夏の初級アーチェリー教室 』( 全6回 ) の申込み受付が 7月 1日 から始まるそうなので、興味のある方は下記ホームページをチェックしてみてください!
( 今年の秋の教室の開催は未定だそうです )

上を目指そうとすれば世界中に愛好者がいてオリンピックまでも目指せるという 高い競技性 と、体格や腕力に合った道具を使用すれば子どもからお年寄りまで誰でも 生涯スポーツとして楽しむことができるという 裾野の広さ 
この二面性を併せ持った奥深いスポーツであるアーチェリー。

的の中心、10点部分に矢が当たった時には
「 や っ た ー  」
という何とも言えない爽快な気持ちになること請け合い!

2020 に向けて、今、始めてみるのはいかがですか?

 

 

藤沢市アーチェリー協会
秋葉台文化体育館

住所 : 藤沢市遠藤2000-1
電話 : 0466-88-1111
HP : https://f-mirai.jp/sports/gymnasium/akibadai