• 最新情報
  • 習いごと

[2017/10/11]

モノづくりがつなぐ出会いの場所 大磯 【つきやま Arts&Crafts】 地域・観光・歴史

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

shiori

shiori

映画や文学などのカルチャー、美味しいもの、はっと足を止めたくなるスポットなど、好きなものに境界線はなくワクワクするものを探しにいくのがすき。横浜生まれ湘南そだち。

夜の虫の鳴き声にすっかり秋を感じるようになりましたね。鈴虫やコオロギの鳴き声にはリラックス効果があるそうです。

そんな秋のはじまりのころ、大磯駅から歩いてすぐにある、クラフトセレクトショップ『つきやま Arts& Crafts』へ。
『つきやま Arts& Crafts』は、毎回たくさんの人が訪れる「大磯市」で、作品を出品している湘南在住の作家さんたちの常設ショップとして2014年にスタート。昔ながらの活版印刷のお店「大磯活版発信室」、半月ペースで入れ替わるギャラリー、カフェスペースなどが併設されいる「モノづくり」にたけた大磯の新しいカルチャーを発信している場所。

IMG_6594

このレトロな建物は、もともと吉田茂の番記者が足繁く通った居酒屋さん。
その居酒屋の屋号が「月山」だったそうです。

いざ、中に入ると活版印刷機が真ん中にどん!
この印刷機も、たくさんの活字もはじめて見ました。

まるい金属の部分にインクをつけるそう

まるい金属の部分にインクをつけるそう

活版印刷とは、活字といわれる鉛で出来た一つ一つの文字を組み合わせて、インキをつけて圧力をかけて印刷する技術。

IMG_6590

IMG_6591

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』のジョパンニが「活字拾い」の仕事をしていましたよね。本を読んでいたときは、なんて途方もないんだ…と思っていたのですが、店内に置かれている活版印刷の文字をじっくりみると、どこか不安定でゆらぎある文字がとっても魅力的でした。

奥へ進むとクリエイターの方々のアイテムが並べられています。

IMG_6572

IMG_6575

IMG_6573

IMG_6577

ちょこん、と並ぶアイテム一つ一つにあたたかみを感じます。

さらに奥へと進むと、ギャラリーお風呂場。

IMG_6579

半月ごとに入れ替わる展示でたくさんの作家さんの新しい作品をみることが出来ます。わたしが行ったときは、藍染め&柿渋染めの展示。すこし飽きがきてしまったアイテムも柿渋で染めると新たなモノとして生まれ変わる魅力をおしえていただきました。

IMG_6578

渋い風合いなったジャケット

渋い風合いなったジャケット

一度、着倒したアイテムも染めるとまた新しいものとして生まれ変わるとのこと

一度、着倒したアイテムも染めて新しいものへ

併設されているカフェの2階はの畳のお部屋。コーヒーを飲みながら秋空を眺めてまったりとした時間を過ごしました。

IMG_6581

IMG_6582

『つきやま Arts& Crafts』は大磯駅を出て左にすすむと『三引屋』さんという和菓子屋さんがあります。そこを左に曲がるとすぐ。

IMG_6597

ちなみに『三引屋』さんの和菓子は、さきほどのカフェスペースに持ち込み可能のようです。

10/27〜29日の間、大磯ではいろいろな文化施設や飲食店で『大磯うつわの日』が開催されるそうで、お風呂場ギャラリーでも、セレクトされたうつわ販売があるそう。

IMG_6610

進化する他にはないオルタナティブな空間が、湘南地域にあるのってすごく嬉しい。今後も通おうと思います。

IMG_6606

ヤギが食べてしまった!ってかんじに端がちぎれてる可愛いレターセットを買って帰りました。ではまた。

つきやま Arts & Crafts

つきやま Arts & Crafts
https://oiso-tsukiyama.jimdo.com
神奈川県中郡大磯町大磯1156
営業時間 11:00〜17:00
定休日 月曜日

御菓子司 三引屋

御菓子司 三引屋
神奈川県中郡大磯町大磯867
営業時間 8:30〜18:30
定休日 月曜日