• 最新情報
  • 習いごと

[2017/08/21]

「県立近代美術館 鎌倉別館」と「鎌倉歴史文化交流館」 文化・スポーツ

「建築家・大高正人と鎌倉別館」展と、ノーマン・フォスターのミュージアム

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

アルテ

アルテ

昭和の生まれ。茅ヶ崎在住。 テレビを持たない生活を送っています。

暑い毎日、涼を求めて今回は鎌倉にあるふたつのミュージアムを訪ねてみました。

まずは「神奈川県立近代美術館 鎌倉別館」へ。
こちらでは「建築家・大高正人と鎌倉別館」展を9月3日まで開催中。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

扉の開く方向が左右で違う!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

大高正人(1923-2010)はメタボリズム・グループにいた建築家。
メタボリズムと言えば、かの有名な、今は無き「パシフィックホテル茅ヶ崎」もメタボリズムの建物でした。

鎌倉別館は、この展覧会終了後の2017年9月4日から改修工事のため休館します。リニューアルオープンは2019年10月予定です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

柳原義達「犬の唄」

昨年(2016年)3月末に神奈川県立近代美術館鎌倉館が閉館してしまい、寂しいなと思っていたら今度は別館の方も長期のお休みに入ります。

この展覧会は、長いお休みに入る前に、オリジナルの建築意匠で見ることができる最後の企画展として、大高正人の美術関連の仕事に焦点を当てながら、鎌倉別館で開催してきた展覧会にまつわるコレクションや関連資料を中心に、鎌倉別館の33年間の活動を振りかえる内容になっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マチスの作品も展示されています

以下、展覧会のパンフレットより・・・
1984年、建築家・大高正人の設計により開館した鎌倉別館。鶴岡八幡宮の境内に建つ鎌倉館(坂倉準三設計1951年開館/2016年閉館)の軽快な印象と対照的に、重厚なボリューム感を特徴とした別館では、主にコレクションによる企画展を開催し、当館が普及に力を入れてきた現代彫刻を前庭で紹介してきました。
設計者の大高正人は、ル・コルビュジェに学んだ日本近代建築の巨匠、前川國男の下で神奈川県立図書館・音楽堂(1954年)や東京文化会館(1961年)を担当し、独立後は横浜みなとみらい地区などの総合的な都市計画を手がける一方で、風土に根ざした地方都市の町づくりを推進した建築家です。1960年の世界デザイン会議に向けて槇文彦、黒川紀章らと結成したメタボリズム・グループでの建築思想活動も知られています。
芸術への造詣も深く、彫刻家の向井良吉や柳原義達、また当館副館長であった美術評論家の土方定一とともに宇部(山口)や須磨離宮(神戸)の野外彫刻展に1960年代の発足当時から運営・選考委員として関わり、会場構成を長年手がけています。鎌倉別館の建築と彫刻庭園は、日本の戦後美術と当館の活動、そして大高の仕事が結実した成果でもありました・・・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

多田美波「時空」

館内の展示は「I. 鎌倉別館の展覧会から」、「II. 大高正人 美術の仕事」、「III. 神奈川県立近代美術館と鎌倉」と三部構成になっています。

入館は有料ですが、時間がない(あるいはお金がない)人は、門の中に入って建築と彫刻庭園を眺めてくるだけでも鎌倉別館を楽しめるのでないかなと思います。芝生の上の彫刻のまわりは子ども達が走り回っても大丈夫。オリジナルの別館建築を見ることができるのは9月3日まで。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
もうひとつ訪ねたミュージアムは、今年5月に開館したばかりの「鎌倉歴史文化交流館」(すでに地域特派員の鎌倉ヒュッテさんがレポートしてくれています 2017/06/11)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鎌倉歴史文化交流館

こちらは、バックミンスター・フラーのもとで働いていた建築家ノーマン・フォスターの設計した建物です。仏教美術コレクターの個人邸として2004年に作られた「Kamakura House」が所有者から鎌倉市に寄贈され「鎌倉歴史文化交流館」としてオープンし、公開されています。
http://www.fosterandpartners.com/projects/kamakura-house/

鎌倉の山の中にそっと抱かれるように建っているミュージアム。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

屋内の展示物と窓外の風景、双方を楽しめる展示室

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「日本のシンドラー」杉原千畝と小辻節三の特集コーナー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

数寄屋造りの建築

自然と一体化しているこの建物は雨の日にも訪れてみたいなと思いました。

10月からは一般の方に「交流室」の夜間貸出も行うそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

交流室にも大きな窓

この日は鎌倉別館の向かいにある欧林洞でティータイム。小町通りから少し離れた場所にあるせいか店内は静か。ケーキも美味しそうでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

冷たい紅茶にスライスオレンジをたっぷり入れてストローで潰し気味にしながらいただきます。レモンティーより少し華やかな印象のアイスティー。

 

■神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

【所在地】神奈川県鎌倉市雪ノ下2-8-1
【電 話】0467-22-5000

http://www.moma.pref.kanagawa.jp/public/HallTop.do?hl=a

 

■鎌倉歴史文化交流館

【所在地】神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-5-1
【電 話】0467-73-8501

http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/rekibun/koryukan.html