• 最新情報
  • 習いごと

[2018/04/26]

4月28日から平塚市で限定配布「マンホールカード」で自治体PRも 生活・経済・教育

この記事をクリップする

  • 湘南ニュース
「マンホールカード」イメージ図。裏面はデザインの由来や自治体の特徴などを紹介

「マンホールカード」イメージ図。裏面はデザインの由来や自治体の特徴などを紹介

平塚市の象徴でもある、七夕まつりと海がデザインされたカラーマンホール蓋を紹介した「マンホールカード」を、4月28日(土)から同市観光協会(ひらつか市民プラザ内/平塚市紅谷町18ノ8)で午前10時~午後6時30分(水曜休み)に一人1枚無料配布する。
これは、日本下水道協会を窓口として組織された「下水道広報プラットホーム」が、カード型の下水道広報用パンフレットとして作成を希望する自治体を募集・選考し、平成28年4月から配布。第7弾となる今回で、累計301自治体が参加し、342種類となる。
平塚市では、2回目の応募となる今年2月の選考で決定となった。このカードの配布は、下水道の啓発に加え、市民や観光客などに自治体のPRにも有効と考えられている。