• 最新情報
  • 習いごと

[2017/11/21]

鎌倉文学館 特別展【リスペクト 好き、好き、大好き】 文化・スポーツ

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

shiori

shiori

映画や文学などのカルチャー、美味しいもの、はっと足を止めたくなるスポットなど、好きなものに境界線はなくワクワクするものを探しにいくのがすき。横浜生まれ湘南そだち。

気持ちのいい秋晴れが続いた日に、バスに揺られて鎌倉文学館へ行きました

緑豊かな道をのぼりトンネルくぐると心穏やかになります

緑豊かな道をのぼりトンネルくぐると心穏やかになります

IMG_6774

前田利為侯爵の別邸だった鎌倉文学館。前田家といえば、織田信長の家臣だった前田利家の子孫。格調高い建物です。

現在、鎌倉文学館では特別展『リスペクト 好き、好き、大好き』が12/10(日)までおこなわれています。

IMG_6770

 「リスペクト」という言葉が「尊敬・敬意」という意味合いで使われるようになったのは最近のことのようです。文学者が文学者を敬愛した「リスペクト」にスポットをあてた今回の特別展。

例をあげると、芥川龍之介×夏目漱石、里見弴×泉鏡花、三島由紀夫×川端康成など。
直筆の手紙や資料などを読んでいると、タイトル通り、好き!というパーソナルなギュッとした気持ちが伝わってきました。

文学だけでなく、どんなことでもリスペクトから新しいものが生まれるのような気がします。

文学館の中に置いてあったこちらの冊子、様々な時代を象徴する史跡や社寺がある鎌倉の名所を「点」ではなく、歴史という連続した「面」で紹介している地図。IMG_6791

中に、文学者の足跡として鎌倉ゆかりの文学者たちのイラストや地図もあって見応え十分です。

円覚寺と漱石

円覚寺と漱石

浄智寺に澁澤、文学館には三島がいます。たのしい!

浄智寺に澁澤、文学館には三島がいます。たのしい。

庭園の薔薇も美しく色づきとても綺麗でした

 IMG_6781

IMG_6782

IMG_6780

鎌倉文学館が舞台とされている三島由紀夫の『春の雪』が名づけられている薔薇も。

IMG_6775

春より先に、もうじき冬がやってきますね。からだに気をつけて頑張りましょう。ではまた。

鎌倉文学館

特別展「リスペクト 好き、好き、大好き」
10/1〜12/10
http://kamakurabungaku.com/exhibition/index.html
入館料:一般400 円、小・中学生200
開館時間:9時00分~16時30分(入館は16時00分 まで)
休館日:10月16日(月曜日)、11月13日(月曜日)、12月4日(月曜日)