• 最新情報
  • 習いごと

[2017/05/07]

鎌倉でリアルなハワイを感じる「Kahana’s」 料理・グルメ

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

Tomo

Tomo

うまいもん!が大好きな鎌倉在住の野菜オタクです。 食や野菜に関する活動を行なっています。読者の皆さまが「ベジフル&ハートフル」な毎日を過ごせるよう、シュフ目線で情報発信します。

鎌倉青果市場の敷地内にある「Kahana’s」
この市場は一般の人たちは利用できませんが、敷地内に入ることはできます。

1_5696

ちょっとわかりずらいですが、市場の入り口からグイグイと積極的に入って行くと、ハワイのローカルエリアに迷い込んだような場所に辿り着きます。
目印はハワイの風を感じる看板です。

2_5579

3_5683

店内に入ると、ウクレレなどが壁に飾られ、リゾート地の裏通りにある素朴な食堂を彷彿させます。

4_5689

そしてひときわ目をひくのが、丸鶏の開きの串刺しが、遊園地のアトラクションの様にくるくると回転している面白い光景。
これは、ハワイのローカルフードの一つ「フリフリチキン」というバーベキューチキンです。「Huli」はハワイ語で「回す」という意味。
現地では週末の屋台や学校などで見かけるそうです。

5_5685

この「フリフリチキン」の美味しさに惚れ込み、日本でも食べてもらいたいと、ハワイ渡航歴50回、在住歴4年の店主が鎌倉店を開業。

6_5607

オープンに至るまでの店主の情熱がすごい!
ロコモコ、パンケーキ、ガーリックシュリンプなど数多くのB級グルメが上陸をする中、日本でフリフリチキンが提供されるお店が少ないのはナゼだろう?と考えた結果、機械がないから…と、まず製作から始めたそうです。
兵庫県産柏備長炭で鳥取県産大山どりを焼くという、素材は国産にこだわり、出来る限り現地の焼き方を再現したという フリフリチキンが誕生しました。

7_5693
焼きあがったチキンはサラダとあきたこまちと一緒にボリュームたっぷりのワンプレートが完成!

8_5692
欲張り派にはミックスがオススメ!

9_5695

10_5690

店主の故郷 岡山県の老舗醤油屋とのコラボで開発された、 オリジナルBBQソースは、万能でハワイを感じる醤油です。これをビーフにからめたステーキも人気メニューです。

11_5688

さて、4月21日から毎週金、土曜日は21時までナイト営業が始まりました。
pupu(おつまみ)がワンコインで楽しめます。
そして、店主と仲良くなると裏メニューがオーダーできますよ。

IMG_5585

 

 

 

 

ナイト営業初日にうかがい、私がいただいたのは「リムポキ」リムは海藻ですが、日本でなかなか手に入らないそうです。

歯ごたえのいい海藻はマグロとの相性が抜群です。

IMG_5594

 

 

 

 

水揚げした船上ですぐに冷凍したという海老は塩茹でに。
プリプリの食感が鮮度の良さを感じます。
ゆず胡椒とマヨネーズのソースでいただきました。

市場の敷地内にあるので、新鮮な季節の野菜やフルーツも登場します。

さて、オープン一周年を迎えた「Kahana’s」
お店の前で、ふらっと立ち寄り気軽に楽しめるBBQも始まりました。

14_5684

7月からは鎌倉FMでの番組が始まります。こちらは、「お客様と一緒につくりたい!」という店主の意気込みが感じられますので、ご興味のある方はいかがでしょう。
店主作のコーヒーカップも登場!
面白さがパワーアップしたラインナップから目が離せませんね。

15

「Kahana’sが目指しているのは、ハワイのローカルエリアにある地元の人たちが集まる、ハワイアン食堂です。日本にいてハワイの風を感じられる場所を作るのが目標です。」とおっしゃる店主。
気さくであったかい「ハワイのお母さん」のような女性です。

16

美味しい食事とともに、ハワイのレアな情報なども聞けます。
鎌倉で行った気分になれるハワイ。
是非、行ってみてくださいね!

「Kahana’s」

http://kahanas.com/