• 最新情報
  • 習いごと

[2018/05/09]

農薬使用0回の野菜がそろうマルシェ@Nature Ferme 料理・グルメ

三浦・横須賀のこだわり農家さんの野菜がそろうマルシェ

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

Mitsy

Mitsy

これまで、いろいろなところに住みました。住んでみないとわからないことがあるものです。そんな経験を活かし、藤沢に住む者ならではの地元の情報や魅力を伝えていきます。

先日、ご紹介しましたKAMOSUのオープニングイベントで出店していたNature Ferme(ナチュル フェルムと読みます)。その時に、購入したキャベツと人参がとても美味しかったですし、なんと言っても、体に良いもの、安心で安全なお野菜を食べたいと思い、Nature Fermeに伺いました。

旬のお野菜が並ぶ

Nature Fermeは、フランス語で自然、農場の意

Nature Fermeは、藤沢駅北口にある複合型施設house&(ハウスアンド)の一角で、マルシェを不定期に開催しています。
いろいろな季節のお野菜が並んでいる中、注目して頂きたいのは、値札。
お野菜の名前やお値段とともに、「農薬0回」など、農薬使用回数が書かれてあるのが、本当に嬉しいです!

オススメや珍しい商品に出会うことも…!

オススメや珍しい「目玉商品」に出会うことも!

お話を伺いましたのは、店主の宮田憲一さん。Nature Fermeを始めるきっかけとなったのは、2016年4月14日に起きた熊本地震。宮田さんは、熊本の農業の活性化をはかろうと、熊本市内から車で約2時間かかる宮崎県との県境にある水上村の農家さんから野菜を仕入れ、熊本市内などで販売する活動を行っていたものの、熊本県内だけで活動を行うのは困難な状況もあったそう。

作業をする宮田憲一さん。宮田さんの曾祖父は、熊本県宇土市のご出身。

作業をする宮田憲一さん。宮田さんの出身は神奈川県だが、曾祖父は、熊本県宇土市の方だそう。

そこで、まずは、地元神奈川でのお野菜の販売を軌道に乗せることを考え、Nature Fermを2018年3月20日House &の一角にオープン。「将来は、熊本産のお野菜も仕入れ、三浦・横須賀産との割合を半々にして販売したい。また、お野菜を使ったスムージーやサラダバーなども展開したい。」と宮田さん。実際、熊本県水上村の民宿からこごみも入荷した日もあり、宮田さんの構想は、少しづつ実現しているようです。

三浦・横須賀の農家から仕入れ、きれいに洗い、商品にするのは、店主の宮田さんだそう。

三浦・横須賀の農家から仕入れ、きれいに洗い、商品にするのは、全て店主の宮田さんのお仕事。

私は、この日も「真の春キャベツ」と言われる三浦産のキャベツをリピート買い。そして、ブロッコリーと葉付きのカラフル人参も買いました。
人参の葉…天ぷらやきんぴら以外の調理方法がわからず、ちょっと持て余しそうな私。そこで、宮田さんに人参の葉の食べ方を教えて頂きました。
【人参の葉とニラの漬物】
1.人参の葉とニラを細かく刻む。
2.お醤油(九州の甘い醤油があれば、なおgood)にお酢少々を入れる。
3.よく混ぜて出来上がり!
早速、作ってみました!宮田さんの言うとおり、ご飯が進む、進む!
こんなに簡単なのに、こんなに美味しいなんて!お野菜を無駄なくいただけるのは嬉しいです。

スパイスが香り、軽い感じのフリッター

OHANA OVEN CAFEは後日改めてご紹介します

この日、お隣で営業されているOHANA OVEN CAFEで、Nature Fermeのお野菜を使ったフリッターを頂きました。
筍とブロッコリー、アレッタ(茎ブロッコリーの一種)をフリッターで頂いたのは初めて。スパイスが香る軽い衣で、お野菜の味が凝縮した感じ…とても美味しかったです。

Nature Ferme

藤沢市藤沢532
藤沢駅北口より徒歩5分
銀座通りブックオフ藤沢駅北口店裏
House&内にて不定期にマルシェ開催中。
開催日やイベント出店等の情報は、
インスタグラム「Nature Ferme」で検索してください。
nature0