• 最新情報
  • 習いごと

[2018/04/11]

認知症かな?と思ったら、認知症のことを知りましょう!(おすすめ紹介サイト有り) 生活・経済・教育

80歳過ぎたら市販薬飲む時は主治医に相談を

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

えむちゅん

えむちゅん

藤沢に住んで17年目。海の近くに生息する?あったか〜い人々に囲まれながら、2人のお母さんもやってます♪記事を読んでくださった方がアクションを起こしたくなるようなそんなHotな情報をお届けします!

2018/1/31に⇒藤沢市で介護認定の申請手続きをした体験談
という記事を書きました。今回は、認知症の義母と生活してみての話や、藤沢本町ファミリークリニック副院長片岡侑史先生の「認知症を知ろう!」という講演を聴講して、皆さんも知っておいた方が良いと思われる情報をお知らせしますね♪

認知症ってどんな症状?義母の場合

義母のことを”認知症”と言いましたが、実際は介護認定のために「長谷川式簡易知能評価スケール」というチェックテストを受けたことはあるものの、認知症の診断をはっきりと受けたことはありません。

長谷川スケール

長谷川式簡易知能評価スケールについては本などで

では、どうして”認知症”と思ったかというと、次のような症状があるからです。
■ リモコンが使えなくなった
■ 鍋をよく焦がすようになった
■ 会話をしている最中に同じ思い出話を2回する
■ 伝えておいたこと(新しい情報は)覚えられない
■ 10年くらい前のことを去年と言ったり、時間の認識がおかしい
■ 自分の家だと思えないという  etc…
しかもたまに、私のことも分からなくなってしまうので、おそるおそる「私誰だか分かる?」とクイズ風に聞いたりして…(笑)
「エプロンの柄で、知ってる人だと確認してる」と答えがかえってきた時もありました。その時々で認知症の程度が違うのをそばで感じています。

そんな義母ですが毎日、新聞を隅々まで読み(ただし、内容は一つも覚えていないそう)、ご飯はわたしが3食作って出しているのに、それ自体を覚えられず、夕方になると お米が無いと心配したりしながら、日常をなんとか続けています。

ある日、不安そうに「私の頭はどうしちゃったんだろう」と義母がつぶやきました。
「ちょっと物忘れがひどくなってきたかもね」と私が答えると「もう、これは物忘れじゃない・・・」と本人も薄々気が付いている様子。
「どんな感じなの?」と聞いたら、「考えがまとまらないのよ」と言っていました。
認知症というのは、話を上手く合わせて取り繕うことは出来るので、少し話しただけではそれと分からないような気がします。
今までしたきた生活が少しずつ崩れていくのを、まわりがキャッチすることで早期発見ができるのかも知れません。

認知症の症状を改善したりすることはできる

ここからは、片岡侑史先生の「認知症を知ろう!」という講演を聴講しての話です。
ninchi_9177
今や認知症は高齢者の4〜5人に1人がなるそうです。
認知症が他の病気と少し違うところは、病院に行けば何とかなる病気では無いところ・・・何故なら、根本的な治療薬が無いからです。
しかしながら認知症についての研究が進み、治療可能な認知症あったり、認知症の周辺症状を改善することはできるため、おかしいなと思ったら受診してみることが大切だそうです。
「もの忘れ外来」「認知症外来」「認知症疾患医療センター」等ありますが、本人が病院に行く気があるのなら別ですが、そうでない場合いきなり連れていくのには少々ハードルが高いかと思いますので、まずはかかけつけ医に相談したり、下記の相談窓口を活用して、介護者の不安を取り除くことも大切だと思います。

認知症やってはいけないこと&やらきゃないけないこと

片岡先生によると、認知症によっては病気や薬の影響を受けていることがあるとのこと。「80歳を過ぎたら市販薬をできるだけ飲まないように、飲む場合は主治医に相談を。」薬を飲む時は慎重にすることが大切なんですね。

次に驚いたのは「1日1000mℓ〜1500mℓの水分を摂取することで、認知症の予防と改善になる」ということです。高齢者はそもそも脱水になりやすいんだそう。トイレに行くのが大変という理由で飲むのを控えていたり、薬に利尿剤が含まれていたり、感覚機能の低下により、のどの乾きを感じにくくなっていたりするからです。でも体重の1〜2%の水分が失われるだけで認知機能の低下に繋がってしまうということですので、意識的に水分を摂るようにした方が良いようです。
ninchi
これから益々高齢者が増えて行く日本。
認知症の人があなたのすぐそばで生活しています。
しかも自分も将来認知症になるかもしれない・・・。

認知症を患う家族がいる人もいない人も、”認知症”に対する理解を深めて
その漠然とした不安がなくなるように、
そして個人では無く、より社会全体で受け止める体制にして欲しいなぁと感じています。

下記のリンク先を是非参考にしてくださいね♪

医師 片岡 侑史先生

藤沢湘南台病院 総合診療科 ⇒http://www.fj-shonandai.jp/
藤沢本町ファミリークリニック 副院長 ⇒http://www.fhfc.jp/
特定非営利活動法人ココロまち 理事 ⇒http://cocoromuch.or.jp/
株式会社F.T.K 役員 ⇒http://ftk-totalsupport.com/

公益社団法人 認知症の人と家族の会 (全国ものわすれ外来の一覧があります)
http://www.alzheimer.or.jp/?page_id=2825

神奈川県 認知症の相談窓口
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6401/p902760.html

認知症サポーターキャラバン
http://www.caravanmate.com/

認知症ONLINE
https://ninchisho-online.com/

[参考書籍]
■ 「認知症 医療の限界、ケアの可能性」 上野秀樹 メディカ出版
■ 「【ポケット介護】楽になる認知症ケアのコツ」 大誠会認知症サポートチーム、 山口 晴保 田中志子 技術評論社