• 最新情報
  • 習いごと

[2017/08/31]

藤沢市の大正建築「旧石曽根商店」国の登録有形文化財に登録 地域・観光・歴史

この記事をクリップする

  • 湘南ニュース
旧石曽根商店の正面外観

旧石曽根商店の正面外観

7月21日、藤沢市の「旧石曽根商店 店舗兼主屋」(藤沢市藤沢字東横須賀)が、国の登録有形文化財に登録された。同商店は、関東大震災翌年の大正13年建築の木造2階建て。「造形の規範となっているもの」として歴史的な価値を高く評価された。「石曽根家」は、明治時代に創業され、藤沢有数の履物屋として2003年まで営業。これで市の登録有形文化財建造物は、12カ所、29件となった。