• 最新情報
  • 習いごと

[2017/07/04]

茅ヶ崎映画祭、開催中です! 文化・スポーツ

最近おもしろい映画みましたか?

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

アルテ

アルテ

昭和の生まれ。茅ヶ崎在住。 テレビを持たない生活を送っています。

6月25日(日)から7月9日(日)まで第6回茅ヶ崎映画祭が開催中です。

今回は11プログラム16作品が上映されます。会場はイオンシネマ茅ヶ崎、茅ヶ崎市コミュニティホール、茅ヶ崎館など茅ヶ崎市内。

私は6月24日のオープニングイベント「茅ヶ崎映画祭×チガラボCINEMA NIGHT」にも出かけてみました。
会場は、コワーキングスペースチガラボ。6月24日と25日は、松本政明さんという『E.T.』、『スターウォーズ』、『ジョーズ』などの映画ポスター原画を描かれていた日本画絵師のポスター原画展が行われていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チガラボでの松本政明原画展

この日は、映画評論家の西田和昭さんと、お宝映画発掘家の中野だん吉さんをゲストに招いて、茅ヶ崎映画祭実行委員会の森浩章さんと、チガラボ代表の清水謙さんがお話をするという会でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左から森さん、清水さん、西田さん、中野さん

映画評論家の水野晴郎さんと松本政明さんがご一緒に仕事をされていた話など、ふだんなかなか聞くことができないお話などを聞くことができてとても充実した2時間でした。

6月25日、初日にイオンシネマで上映された「茅ヶ崎物語〜MY LITTLE HOMETOWN〜」は、ネット上でチケット売り出し10分後に完売という噂もあるくらいの大人気映画でした。残念ながらチケット購入できない組の私は観ていませんが、もともとサザンオールスターズの桑田佳祐さんのために撮られた映画だったそうです。主人公はサザンオールスターズの名付け親、宮治淳一さん。宮治さんは現在、茅ヶ崎市内でミュージック・ライブラリー&カフェ「Brandin」を経営しています。

6月28日の「ゲイビー・ベイビー」は茅ヶ崎コミュニティホールで2回上映。夜の部に行ったのですが、埋まっていたのは100席中30席ほど。2015年、マヤ・ニューウェル監督作品。同性婚が認められていないオーストラリアで、同性カップルを親に持つ4人の思春期にさしかかった子供たち、4家族の日常生活を追ったファミリー・ドキュメンタリーでした。

6月29日は「うつくしいひと」の会場はイオンシネマ茅ヶ崎で2回上映。
こちらも夜の部に行きました。この時も観客は定員の1/3くらい。2016年、熊本県出身の行定勲監督作品。熊本地震の直前に撮られた映画で、熊本城の美しい姿も作品の中にとどめられています。くまモンも遊びにきてくれたみたいですよ。
くまモン

6月30日は「抗い 記録作家・林えいだい」は茅ヶ崎市コミュニティホールで2回上映。夜の部に行きましたが8割以上席が埋まっていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「抗い」ポスター

2016年、西嶋真司監督作品。福岡県筑豊の旧炭鉱における朝鮮人労働者、特攻隊で無実の罪を着せられ処刑された朝鮮籍の青年にまつわる話など「権力に捨てられた民、忘れられた民を記録していくことが私の使命である」とルポルタージュの仕事を続けている林えいだい氏の仕事に迫ります。

7月1日は「湘南の魅力発見プロジェクト事業作品『またそのうち、どこかでね。』/『C-side town』」。会場は茅ヶ崎ゆかりの人物館。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左から平井さん、伊藤監督、三澤監督

2作品とも2017年の作品。『またそのうち、どこかでね。』の伊藤久也監督と『C-side town』の三澤拓也監督、茅ヶ崎ゆかりの人物館のアドバイザー平井宏典さんの鼎談も上映後に行われました。

7月2日は「Ghost of the Sun & 山本幸司短編集」は会場が居酒屋さんのQUE。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場のQUEは居酒屋さん

会場は1階と2階に分かれていて、2階は満席(1階の様子はわかりませんでした)。2016年、『Ghost of the Sun』は第69回カンヌ国際映画祭出品作品。ビジュアルが美しい迫力のある作品でした。『Blue Prairie』はちょっとだけオーソン・ウェルズ劇場を思い出させる怖い話。引き込まれました。
茅ヶ崎出身の山本監督の話も上映後に聞くことができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山本幸司監督

私にとって、知らない映画を観るのは実はなかなか気乗りしないものなのですが、茅ヶ崎の映画好きが総力を挙げてオススメしてくれる茅ヶ崎映画祭作品は、どれを観ても後悔しません。
楽しい映画、考えさせられる映画、確実に自分の糧になる映画ばかりでした。

これからの上映スケジュールです。詳細はホームページ、チラシをご覧ください。
7月7日(金)「生まれてはみたけれど 大人の見る絵本」茅ヶ崎館
7月8日(土)「日本と再生」茅ヶ崎市コミュニティホール
7月9日(日)「早川千絵 3つの短編映画 〜言葉にできないを見つめる〜」CAFE POE

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

映画祭と関係ないんですけど、茅ヶ崎ゆかりの人物館の上映会帰り道に買い食い

第6回 茅ヶ崎映画祭

7月9日まで開催中
詳細はホームページをご覧ください
http://chigasaki.cinema-festival.com/