• 最新情報
  • 習いごと

[2017/09/11]

茅ヶ崎市美術館のハワイアンキルト展 文化・スポーツ

サーファー達も注目の、海をこえてやってきたキルトたち

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

アルテ

アルテ

昭和の生まれ。茅ヶ崎在住。 テレビを持たない生活を送っています。

9月10日から始まったハワイアンキルト展に行ってきました。
茅ヶ崎市政施工70周年、茅ヶ崎市とホノルル市・郡姉妹都市締結3周年記念の展覧会です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フラッグキルト「クウ ハエ アロハ」

私はハワイに行ったことがないので、ハワイアンキルトを見るのは今回初めて。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入り口で彫刻家エサシトモコさんの作品「フラダンスルルちゃん」がお出迎え

初日の午前中でしたが、いつもより来館者が多い印象でした。
作品の保護のために展示室の照明は普段よりやや暗め。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

来館者はキルターの方たちも多いようで、作品を前に熱心に大きなキルトを作るときに使う道具の話などもしていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハワイ国旗の色彩が反映されている「クリ プウ」

展示されている20点のヴィンテージ・ハワイアンキルトはベッドサイズ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伝統的なハワイアンキルトのデザインは、ハワイに自生する植物をパターンにしたものが主なのだそうですが、今回はフラッグキルトや新しいデザインのキルトもありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ストロボを使わなければ写真撮影OK

写真で見るだけではわかりづらいのですが、キルトのほとんどは白い糸でキルティングが施されているため正確なステッチにキルターの技術の高さをうかがい知ることができます。さわることはできないけれど、実物を目の前にすると風合いもわかる気がして、日々このキルトと暮らした人たちのことにも思いを馳せてきました。

展覧会期間限定グッズも充実しています。カタログがすっぽり入る大きさのトートバッグや折り紙、カード類など。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

折り紙は折るのがちょっともったいないかも・・・

関連イベントも、造形ワークショップ、講演会、「アロハ茶会」、タレントでキルト作家のキャシー中島さんのトーク・ショーもなどが行われます。

美術館カフェの、今回のコラボケーキは美しいキルトのパターンが表現されている「マカナ(ハワイ語でプレゼントという意味)」という名前の白いケーキ。
数量限定なので、早い者勝ちですよ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キルトの下にかくれているパイナップルとココナッツが南国を思わせる

美術館を出てから海まで散歩。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いいお天気で日差しが熱かった

ビーチクリーンで時々一緒になるサーファーの知り合いが、私が持っていたカタログを見て「その展覧会、気になってたんだよ」と声をかけてきました。「ハワイアンキルト買いたいんだけど高いんだよね」とか結構サーファーのみなさんハワイには頻繁に出かけている様子でよくご存知でした。

ホノルル美術館に関しては、いつも前を素通りしていたのだけど、最近入ってみて、こんなに良い美術館にこれまでどうして気づかなかったのだろうと後悔したと話してくれた旅慣れた友人がいました。担当学芸員の方も「小さなルーヴル美術館のようです」とおっしゃっていたのできっと素晴らしい美術館なのでしょう。
これだけの貴重なキルトを貸し出していただけて、ここで見ることができるのは幸せなことだなと感じました。
ハワイに行きたくなりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホノルル美術館についての解説もあります

 

■茅ヶ崎市美術館
『ホノルル美術館所蔵 ハワイアンキルト展 Across The Ocean』
11月5日(日)まで

【所在地】茅ヶ崎市東海岸北1-4-45
【電 話】0467-88-1177
http://www.chigasaki-museum.jp/