• 最新情報
  • 習いごと

[2017/03/06]

茅ヶ崎市文化資料館で茅ヶ崎の昔を知る 文化・スポーツ

江戸期に建てられた古民家のくらし

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

アルテ

アルテ

昭和の生まれ。茅ヶ崎在住。 テレビを持たない生活を送っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日、若い友人(9歳男性)が茅ヶ崎市文化資料館に行ったというので、何か面白いものでも展示されているのか訊ねたところ「パリカン」という答えが返ってきました。
いやそれは「パリカン」ではなくて「バリカン」なんじゃ? とかとひとしきり話して、他に何を見たか覚えているものを訊ねたら「箱膳」が印象的だったと話してくれました。
箱の中にひとり分の食器が入っていて、使った食器は洗わずに箱にしまうのだが昔の食事は油分が少ないので洗わなくてもいいのだということが驚きだったようです。明治期にはお膳は箱膳が使われており家族の人数分だけ揃えられていたようです。
でもね、夜には必ず全部洗うんだよと教えてあげました。

茅ヶ崎市文化資料館では「平成28年度 特別展 ちがさきの昔のおうち昔のくらし -古民家が文化財になる理由- 」を3月31日(金)まで開催中です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旧和田家の模型

今、展示されているのは、江戸時代の終わりに建てられた民家、どちらも市指定重要文化財になっている旧和田家と旧三橋家に関わる資料。

旧和田家は、萩園の旧家で、江戸時代には萩園村の村役人を代々つとめていた家でした。旧三橋家は香川の旧家で、江戸時代には香川村の中の、旗本戸田氏の知行地の名主をつとめました。明治期から昭和30年代までは養蚕業を営んでいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

家の中で使われていた道具類

このふたつの家の建築経過がわかる普請帳や棟札、家相図など建築関係の資料と、暮らしの中で使われていた道具類が展示されています。

小学3年生は社会科の授業「変わるわたしたちの暮らし」の中で昔の道具とくらしについて学びます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旧三橋家の養蚕に関する展示物

茅ヶ崎の小学生たちは、茅ヶ崎市堤にある旧和田家を見学に行き、文化資料館で暮らしの中で使われていた道具などを見て勉強することになっているようです。それぞれの学校のスケジュールに合わせて、実際に資料館まで見学に行く場合もあれば、資料館から学芸員が学校に出向いて出前授業を行う場合もあるそうです。そのようにして、市内の小学校のおよそ三分の二の子供達が文化資料館の授業を受けています。お子さんにきいてみて、もしもその授業を受けていなければ一緒に出かけてみるのもいいかもしれません。大人も子どもも入場無料です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

漁業にかんする展示もあります

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

感想が書かれた付箋が貼られたコーナーがありました

2階の展示室には茅ヶ崎で発掘された土器などや、七堂伽藍に関する展示などがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

40年以上この場所にあった文化資料館ですが、2021年には「茅ヶ崎市博物館」として生まれ変わる予定です。旧和田家と旧三橋家の近くにお引越しだそうです。
新しい博物館が開館したら、今の施設は解体され、敷地は売却予定。

今の文化資料館から少し歩くと公園があり、海岸もすぐ近くです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帰りに窓からテニスコートの見える「カフェ&ギャラリー ドーヴィル」に寄ったところ、今月いっぱいで閉店するという悲しいニュース。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ご主人が丁寧に淹れてくれるコーヒーはケーキとセットで800円

残念ですねぇ、と理由を訊ねたところ、テニスコートの代わりに3階建の建物ができるので環境が変わってしまうから、というお返事でした。しばらくしたら、別な場所で喫茶店は再開するそうです。現在の建物は雑貨屋さんになる予定。

ちょっと目を離したすきに小さな変化がいくつも起こり、二度と同じ景色を見ることができなくなってしまうのは寂しい反面、当たり前のこと。でも見たくなった時に見れるようにと撮られた写真や残された記録を見るために、人は博物館に出かけていったりするんだよねと変に納得して帰ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テニスコートの前の桜

文化資料館の特別展会期中に講演会と事業報告会が行われます。
講演「茅ヶ崎の古民家と暮らし」
講師:小沢朝江さん(東海大学工学部建築学科教授)
■日時 3月19日(日) 午前10:00〜12:00
■会場 茅ヶ崎市立図書館第1会議室
■定員 60名
■申込み 文化資料館まで電話申込み(先着順)0467-85-1733

 

 

 

 

 

茅ヶ崎市文化資料館

【所在地】茅ヶ崎市中海岸2-2-18
【電 話】0467-85-1733
【開館時間】9:00〜16:00
【休館日】月曜日
(月曜日が祝日の場合は翌日休館、年末年始は12月27日から1月4日まで)
【入場料】無料

カフェ&ギャラリー ドーヴィル

【所在地】茅ヶ崎市東海岸南1-15-5
【電 話】0467-88-2345
【営業時間】10:30〜18:30
【定休日】月・水曜日