• 最新情報
  • 習いごと

[2018/05/10]

茅ヶ崎市広域避難場所が大幅拡大 延焼火災リスクから市民を守る 生活・経済・教育

この記事をクリップする

  • 湘南ニュース

茅ヶ崎市は4月から、大地震などの災害によって大規模な火災が発生した場合、ふく射熱や煙などの危険から緊急的に身を守るために避難する「広域避難場所」を8カ所から21カ所に大幅に拡大した。
市では人口や世帯数の増加、都市構造の変化に伴う密集した住宅地での火災のリスクを踏まえ、平成29年1月から現状の把握、課題の整理や新規指定の考え方等について検討。10月には市民を対象とした説明会を実施し、検討状況についての説明を行っていた。
新しい広域避難場所としては、3月にオープンした柳島スポーツ公園や県立鶴嶺高校周辺、汐見台小学校周辺なども含まれる。

新しく茅ヶ崎市の広域避難場所に加わった柳島スポーツ公園

新しく茅ヶ崎市の広域避難場所に加わった柳島スポーツ公園