• 最新情報
  • 習いごと

[2017/10/26]

茅ヶ崎市オリジナルデザイン「えぼし麻呂入り婚姻届」登場 地域・観光・歴史

この記事をクリップする

  • 湘南ニュース
「婚姻届」(上)と共に「婚姻届の書き方」もセットで配布される

「婚姻届」(上)と共に「婚姻届の書き方」もセットで配布される

茅ヶ崎市では、市制施行70周年を記念し、民間企業と協働でご当地婚姻届を作製し、10月2日から配布を開始した。
婚姻届には、茅ヶ崎市オリジナル広報キャラクターの「えぼし麻呂」のほか、茅ヶ崎の海や、波の妖精ミーナ、えぼし岩などをあしらい、茅ヶ崎のご当地色あふれるデザインになっている。デザインは市の担当職員が行った。配布部数は3000部。
市では年間約1100件の婚姻届を受理しており、これまで年間印刷費6万4800円をかけていたが、今回、婚姻届と合わせて配布される「書き方」の用紙裏に、結婚式場などの広告を掲載したことで印刷費の削減が図れた。