• 最新情報
  • 習いごと

[2018/03/15]

知らないとマズい? 一度は聴きたい難しくない憲法の話。「憲法カフェ」を開こう! 生活・経済・教育

国民投票まで1年無い? 2019年2〜3月にも。

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

えむちゅん

えむちゅん

藤沢に住んで17年目。海の近くに生息する?あったか〜い人々に囲まれながら、2人のお母さんもやってます♪記事を読んでくださった方がアクションを起こしたくなるようなそんなHotな情報をお届けします!

2017/12/3にレポートした ドキュメンタリー映画「不思議なクニの憲法」の作品の中で、藤沢市で「憲法カフェ」というものを開催している女性弁護士さんが登場しています。小さな子どもづれのママたちの前で、憲法について語っている姿は、少しアンマッチな分 印象的でした。
⇒2017/12/3 記事

太田啓子弁護士

       太田啓子弁護士

“何を話しているのか、何を伝えようとしているのか” をもっと詳しく知りたくて、
「私も憲法カフェに参加したい!」と言ってみたら、あっという間に繋がって、
太田啓子弁護士が「憲法カフェ」を開いてくださることになりました♪
何事も言ってみるものですねぇ♪今日は「憲法カフェ」のレポートです!

憲法カフェ in 鵠沼

朝10時。 すらっと背が高くかっこいい太田啓子弁護士が颯爽と登場♡
この日集まったのは、地域のママ友繋がりの13名です。
kenpocafe_9081
まずは「憲法ってなに?」ということで、先生がクイズ形式でお話くださいました。
そこで気づいた。私って憲法のことを根本的に理解していない・・・。
ルールを知らないでゲームをすることはないのに、
国の基本的なルールを知らずして暮しているなんて。
常識だけで無事に暮していけるんですよね、今の日本は。
だけど、このような日本を維持するためには、どのようなルールが私たちを守ってくれているからなのかを知っておかないと と同時に思いました。
だって こちらは知らないのに、その言葉がずっと守り続けてくれているのですから。

憲法と法律の違いって分かりますか?

たくさん教えていただいたのですが、ここではひとつだけお伝えします。
憲法と法律の違いって分かりますか?
答えは誰に向けられたルールかの違いです。
kenpocafe_9088
「憲法」は国、国家権力が守るべきルール で、
「法律」は国民、国、自治体が守るべきルール。
ただし法律は憲法に反する内容は無効なんだそうです。
「憲法」は国家権力が暴走しないように、先人たちが私たち子孫に残してくれた知恵の結集だったと気が付くと思います。

「不思議なクニの憲法」では、護憲と改憲の意味について、それぞれの考え方の違いが分かりやすく作られていましたが、
「憲法カフェ」では、憲法・法律・国民投票の仕組みが語られました。

憲法カフェの本も出版されています。本でも学べます

憲法カフェの本も出版されています。本でも学べます

「憲法カフェ」の内容は、法律家で無くとも、有権者なら知らないといけない内容であるのに、どうして知らなかったのだろう???
中学1年生の時、憲法の前文を暗記するテストがあり、その素晴らしい内容に感動しながら、誇らしく覚えたのを思い出したけれど、憲法に触れた記憶はそこで終わっている。
現在中1の娘は、前文については勉強していたが暗記はしていなかった…

国民投票ってもうすぐなんだ・・・

国民投票について教わった時、衝撃的だったのは、
なんと投票総数の2分の1を超えたら、決まってしまうということ。
棄権者は分母に入らず、最低投票率の定めがないそう。
PTA総会ですら、委任状も含め3分2の参加が無ければ決まらないというのに!

「国民投票」のイメージは、1人1人の意見が直接反映できて政党が間に咬まない分、公平な感じがしていたのだけれど、それは投票権を持った人が何かしらきちんと考えて投票する場合に限定することに気が付きました。
丸投げしている人が多かったなら・・・もしかして一部の人の考えにひっぱられしまうかも?!

今の憲法の成り立ちについては「不思議なクニの憲法」でも触れられていますが、
敗戦し日本が一番苦しく辛い時に作られたものです。
勝った国と負けた国が、反省と後悔の霧の中だからこそ見えた道について、
この先 日本がしっかり生きて行けるように「希望の言葉」で綴られているように私には感じられます。

ぬいぐるみや紙芝居で分かりやすく説明してくださいます。

ぬいぐるみや紙芝居で分かりやすく説明してくださいます。

憲法改正にむけた国民投票は今のところ、
2019年2〜3月くらいに行うスケジュールになっているそうです。

自分というよりは、現在投票権の無い「子・孫以降の世代」に関係することを、居合せた私たちが決めてしまいます。
自分の行動の尻拭いを違う世代がする「コトの重み」。
本当は政治とか考えずにいたいけれど、
今回ばかりは逃げられないんじゃないかと思ってます。

だから自分なりに勉強したり、考えたり、意見交換したりしながら、
納得した1票を投じられるようにすることが大切なんじゃないかな。
無関心でいるうちに大事なことが決まってしまうことがないように。

どうなるかは分からないけど、これを機会に
未来の日本について、主婦でも誰でも普通に語れる国に変われれば、実もあったということになるかも♪

皆さんも数人集めて、カフェや自宅など集まる場所を用意できれば、
太田啓子先生をお呼びして「憲法カフェ」を開くことができます。(人数の多い講演もOK)
中高生を対象にもお話くださるそうです。
今回受講した私たちも、続きが聴きたいという声が多かったので、第2回も企画予定です。

ランチを食べながらの質疑応答♪

ランチを食べながらの質疑応答♪

知識と知恵と愛を武器に人権を守り恒久の平和を実現したいですねー♪

太田啓子 弁護士

明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)・・・太田弁護士が所属している会です
http://www.asuno-jiyuu.com/

憲法カフェの依頼方法・・・全国どこでも「あすわか」所属の弁護士さんが伺います。講演料は相談できます!
http://www.asuno-jiyuu.com/p/blog-page_15.html

湘南合同法律事務所・・・太田弁護士所属法律事務所
http://shonan-godo.net/

オススメ書籍
■ 檻の中のライオン 楾 大樹 著 かもがわ出版
■ 憲法カフェへようこそ あすわか(明日の自由を守る若手弁護士の会) かもがわ出版