• 最新情報
  • 習いごと

[2014/12/01]

湘南藤沢小麦~長後製パン(藤沢市)~ 料理・グルメ

地元産の小麦を使った 風味豊かなパンを召し上がれ

この記事をクリップする

  • 連載コラム

「湘南藤沢小麦」を使ったパン。店頭にはほかにも、この小麦を使った食パンやあんぱんなど6~8種類が並んでいます。今年収穫した小麦は9月に製粉され、パンに使用。背景は収穫直前の藤沢市内の小麦畑

“麦秋”の 6 月、藤沢では「湘南藤沢小麦」(ユメシホウ)が豊かに実りました。市内の長後と大庭で「ロワール光月堂」を営む「長後製パン」では、この小麦を使ったパンを作っています。「80 年以上パン屋をさせてもらっている地元に何か恩返しをしたくて」と 3 代目の齋藤伸一さん。「農家の担い手が減っていると聞き、地元産の小麦でパンを作れば、田畑の活性化や、自然ある風景を残すことにつながるのではと」。そこで JA に尋ね、休耕地を活用してパン用の小麦・ユメシホウを作る「さがみ地粉の会」を知り、その小麦で作ってみると「やわらかいパンができること! 感動しちゃって」。2009 年から種まきや麦踏み、収穫などに携わり、作るパンの味に「麦本来の味や香りがします」と満足げ。収穫量は当初の 60㎏ほどから約 10 tに増えましたが、「コストはまだ通常の 3 ~ 4 倍かかりますが、給食やお店のパン教室などで子どもたちが地元の小麦を知り、喜んで食べてくれるから続けていかないと!」。パンには地元への愛情も込められています。

ロワール光月堂本店

「『娘の次に小麦だね』と女房に言われた(笑)」ほど、小麦の生長を気にかける齋藤さん。お財布にはお守り代わりに毎年初収獲した粒を入れています

TEL 0466(43)1566
藤沢市高倉 877