• 最新情報
  • 習いごと

[2017/10/21]

海の見える大磯プリンスホテルで、ご褒美の朝食を 料理・グルメ

2017年春、さらに素敵な癒しの空間にリニューアルされました。

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

うみ

うみ

海と歌、旅と美味しいものが大好き。雪国育ち、都内在住でしたが、海好きが高じて湘南に移住し10年が過ぎました。海まで5分、夫と高校生の娘と一緒に暮らしています。

前回に引き続き、今回も「海が見えるレストラン」シリーズです。

今回は、リニューアルオープンした大磯プリンスホテルで、休日の朝食をいただいてまいりました。

レストランとラウンジは、2017年の春にリニューアルされています。

s-20171015_03

エントランスから中に入ると、ラウンジの向こうの海が目に飛び込んできます。

s-20171015_02

リニューアルによって「滞在時間を楽しむリゾートホテル」の魅力を高められたとのこと、館内にはゆったりした時間が流れています。

s-20171015_01

せっかく来たのだから、ただ食事して帰るだけでなく、ラウンジで海を眺めながら読書など楽しむ、なんていう朝の過ごし方も素敵ですね。

朝食は、ビュッフェスタイルのお店もあるのですが、今回は「席に着いて、ゆったりとした時間を楽しみたい」と思い、通常のセットメニューを提供している「S.DINING」さんをチョイスしました。

連休中で宿泊のお客様も多かったせいか、少しだけ待つことになりました。受付で名前を預けて、ラウンジでくつろぎます。

やがて声をかけていただき、席に案内してもらいました。窓側の明るい席で、緑の向こうに海が見えます。これだけで、もう十分に贅沢です。

s-20171015_06

アラカルトもありますが、3つあるセットメニューから「S.BREAKFAST」を選びました。

まずは、オレンジとバナナとストロベリーのスムージーです。朝のフルーツは、体の中から目が覚める気がします。

s-20171015_08

次に、ヨーグルトとグラノーラ、ドライフルーツです。

s-20171015_05

家でも、できるだけフルーツとヨーグルトはいただくようにしていますが、同じヨーグルトでも、雰囲気や盛り付けで、全くの別物に感じます(笑)

メインが登場です。

s-20171015_04

クロワッサンのサンドイッチと、エッグベネティクトです。お野菜も含め、思ったよりボリュームがあって食欲が刺激されます。

クロワッサンには、スモークサーモンと、ふわっふわ~でトロトロのスクランブルエッグがレタスと一緒にサンドされています。

エッグベネティクトは、イングリッシュマフィンの上に、ほうれん草のソテーとベーコン、そしてポーチドエッグがのって、オランデーズソースがたっぷりかかっています。

どちらも、家で作れますね。我が家での再現にトライしてみようと思います。こんな風に、外で食事することが、家のごはん作りの刺激になるのも、楽しみの1つです。

でも、同じメニューを再現できたとしても、オーシャンビューや明るい店内、テーブルコーディネート、温かなサービス・・・この空間や雰囲気は、やはりホテルでないと叶えられない時間です。しみじみと、優雅な時間を堪能いたしました。

「朝ごはん」に3,000円近くもかけるとなると、ちょっと贅沢?と感じる面もあります。

でも、エントランスから入った瞬間からの気持ちの良いサービスや、ラウンジで過ごす時間、レストランの中で味わう風景や雰囲気など、お料理だけでなくトータルで楽しめます。

s-20171015_07

日常のサイクルから少し離れて、肩の力がふっと抜ける、そんな感覚に癒されます。

ディナーやランチより手軽に楽しめて、五感が刺激されるちょっと贅沢な朝時間。時には、日々がんばっている自分へのご褒美にいかがでしょうか?

店舗詳細
大磯プリンスホテル S.DINING

住所: 〒259-0193 神奈川県中郡大磯町国府本郷546
TEL: 0463-61-1111

OPEN: 7:00A.M.~10:00A.M(ラストオーダー9:30A.M.)

※2017年10月8日(日)から、毎週日曜日は「サンデーブランチ」営業です。
通常の「モーニング」および「ランチ」営業はありません。

大磯プリンスホテル内 S.DINING の情報ページ