• 最新情報
  • 習いごと

[2016/04/21]

杵若の「湘南ばら羊羹」 料理・グルメ

バラの香りが広がる、上品な羊羹です

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

Keiko

Keiko

湘南のやさしい風と光を浴びながら 美味しい物や日本文化を楽しむのが好きです。私なりの視点でのんびりと情報を発信していきたいと思います。 おさかなマイスターの資格を持っています。

平塚の名産「バラ」を羊羹に

平塚には 国内でもトップクラスの質、量を誇る物があります。
それは・・・「バラ」です。
東京の有名なお花屋さんに その多くがおかれているほど。
市内にある「花菜ガーデン」では これからの季節、多くのバラを楽しむ事ができます。

さて・・・・そのバラがお菓子になると言ったら・・「洋菓子」と思うところですが
「ばらの羊羹」があるのをご存じでしょうか?
1985年、「湘南ひらつか名産品・特産品」の認定が始まった時、
親しかったバラ農家と共に商品を考え、試行錯誤の上に出来上がったのが
老舗和菓子店「杵若」の「湘南ばら羊羹」です。

IMG_3912  IMG_3917


「杵若」の加藤寛
さんをお訪ねしました。
加藤さんは 創業昭和27年「杵若」の3代目です。
杵若

「湘南ばら羊羹」 とは・・・

白あんに バラ生産者から提供された食用バラのジャムを練り込み、
さらに ユズやダイダイを混ぜ込んでつくられた、とても贅沢な羊羹です。
切り口は まるで宝石箱から取り出して来たかのように美しい❤12494711_1126897920710917_721071403177284108_n

お味は・・・・

口の中に 優雅で上品なバラの香りが広がります❤
その香りを最大限に引き立たせる 甘さの調整の絶妙な事!

紅茶とのバランスがピッタリでしたが
なんと、意外にもお抹茶でも なかなかのオシャレな味わいになりました!

IMG_3941

「羊羹と聞くと甘いとか重いとか思われてしまいますが
バラの香りのする、白あんベースの爽やかな味わいを楽しんで頂きたい」
と 加藤さんはおっしゃっていました。

 

昔ながらの「不老」 名産品の「ほっくり」も 大人気です。

IMG_3958  IMG_3960

「昔の様に慶事で和菓子を使う事が少なくなりました。
昔ながらの普段の和菓子も大切にしながら
皆さんが 和菓子をお土産に!と思って頂ける様に、色々な面で考えて行きたい」
加藤さんの眼差しは ばら羊羹の様に とても優しく、澄んでいるように感じます。

11755835_983878285012882_6728857209188205494_n

「杵若」の和菓子は 平塚黒部ヶ丘のお店の他にも
花菜ガーデン、JAあさつゆ広場、ひらつか市民プラザ、
ベルマーレホームゲーム、サンサンマルシェ など
多くの場所で買うことが出来ます。
詳しい事はHP、又は お電話にてお問い合わせください。

(一部写真提供 加藤寛氏)

 

杵若

住所      〒254-0821 平塚市黒部ヶ丘7-16
* 平塚駅南口より西海岸・大磯駅行きバス「すみれ平局前」下車・徒歩3分
*平塚駅西口より 徒歩15分
*駐車場・無
電話      0463-31-2776  Fax 0463-31-2756
営業時間   7:00~19:00
営業日    年中無休(年に数回臨時休業有り)
E-mail     h-kato@kinewaka .com
HP              http://www.kinewaka.com/