• 最新情報
  • 習いごと

[2017/11/13]

本鵠沼で薬膳料理をお手軽に!和ニコ食堂 料理・グルメ

体にうれしい薬膳定食屋さん

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

Mitsy

Mitsy

これまで、いろいろなところに住みました。住んでみないとわからないことがあるものです。そんな経験を活かし、藤沢に住む者ならではの地元の情報や魅力を伝えていきます。

2015年にHAPPAさんも紹介しています和ニコ食堂。
2017年9月20日から定食屋さんとして新体制となりました。
メインから小鉢、スープまですべて薬膳料理の定食が4種、各900円で気軽に食べることができます。

本鵠沼駅より0分、青い暖簾が目印

本鵠沼駅より0分、青い暖簾が目印

新たに加わったメニューがグリーンカレー。
ペーストから手作りしている店主自信作です。
このペーストにはたくさんのスパイスと生のハーブを使用。ハーブはタイ料理の食材を売っているお店に行き、本場タイのものを買っているとのこと。元のレシピを店主独自にアレンジしているそうです。

ペーストから手作りのグリーンカレー

ペーストから手作りのグリーンカレー

辛いのが苦手で、グリーンカレーは大好きなのに食べられない…と諦めていた私。これならば、食べられます!程よい辛さの中にもコクと甘みがあって美味しい!
この日の小鉢は、なすのマリネと青菜のベトナム風炒め。スープはけんちん汁。ベトナム風炒めに入っていたくるみは、血管を広げる作用のあるビタミンEが豊富で、血流が良くなるそう。また、けんちん汁は、体を温める効果のある当帰で出汁をとっているそうです。この日は、汗をかきながら頂きました。

柔らかい鶏肉ととろとろご飯の参鶏湯(サムゲタン)

柔らかい鶏肉ととろとろご飯の参鶏湯(サムゲタン)

そして、HAPPAさんも紹介していました参鶏湯(サムゲタン)。私も大好きで、よく頂きます。
鶏肉、もち米のほか、ナツメ、朝鮮人参ほか数種類の生薬配合で鶏を丸ごと煮込んで作られています。マーラー油(店主手作り。購入可能)と一緒に頂きます。もうこの参鶏湯を頂いただけで、健康になった感じ!

日替わりお肉定食のロールキャベツ

日替わりお肉定食のロールキャベツ

日替わり定食は、お肉とお魚の2種類あり、こちらも人気です。私もいつもどちらにしようか…と迷ってしまいます。この日替わり定食、同じメニューに出会うのは、今度はいつになるだろうかと思うほど種類が豊富です。
「今日の日替わりは何?」と聞いて、お弁当にして持ち帰る常連のお客様、男性の方や年配の方も多くいらっしゃいます。15時までにお弁当を注文しますと夕方の受け取りも可能だそうです(お弁当は800円)。
また、水曜日と木曜日は、seanutsさんのベーグルも販売。季節の果物やお花を使った天然酵母で作られたもちもちでふわふわのベーグル、スープとセットで500円で頂くこともできるそうです。こちらも食べたいです!

左)店主のごとうゆみこさんと右)スタッフのちーちゃん

左)店主のごとうゆみこさん 右)スタッフのちーちゃん

「定食屋さんのスタイルで薬膳料理を提供したいとずっと思っていました」と話す店主のごとうゆみこさん。薬膳料理と言っても、特別な食材だけを使って、特別な料理を頂くのではなく、普段食べているようなメニューに薬膳が取り入れられていて、定食スタイルで気軽に食べることができるのは幸せです。また、食材やその効果について、店主に質問すると詳しく教えて下さるのも嬉しい限りです。しかも、定番の参鶏湯に加えて、グリーンカレーが加わったことは、私としては、最高の喜びです!

木のぬくもりのあるアットホームな店内

木のぬくもりのあるアットホームな店内

薬膳料理をご自分でも作ってみたい方、和ニコ食堂では、薬膳料理教室も行っています。講師はもちろん、店主のごとうゆみこさんです。
毎月第4日曜日11時〜14時
4,000円(テキスト、材料費込み)
詳しくは、店頭、または、Facebookブログで確認してくださいね。

夜は、無国籍創像料理 TRUST ARTUREとして、相方さんを中心に、和ニコ食堂とは違ったメニューやお酒を楽しむことができるそうです。
こちらもお伺いしたいです。
nicolas

和ニコ食堂

藤沢市鵠沼桜が岡3−5−2
(小田急片瀬江ノ島線 本鵠沼駅より徒歩0分)
営業時間/11:30〜15:00
定休日/火曜日
Facebook https://www.facebook.com/%E5%92%8Cnico-524256377595790/
ブログ http://nicogohan.exblog.jp/