• 最新情報
  • 習いごと

[2018/05/12]

旬の地元産○を使ったお饅頭と和+洋のお餅@近江堂 料理・グルメ

お店の歴史から知る店名の由来も

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

Mitsy

Mitsy

これまで、いろいろなところに住みました。住んでみないとわからないことがあるものです。そんな経験を活かし、藤沢に住む者ならではの地元の情報や魅力を伝えていきます。

藤沢駅北口、ビッグカメラ裏手にあります近江堂。求肥入りのどら焼やお団子など、どの和菓子も美味しい近江堂ですが、今回、特にご紹介したいのは「竹の子饅頭」と「モンブラン餅」です。

2015年にTV番組で紹介されたこともある竹の子饅頭

TV番組で紹介されたこともある竹の子饅頭

「竹の子饅頭」
筍(藤沢片瀬山産!)が甘いお菓子に合うの!?という疑問も一口頂いてすぐに払拭!白あんの中の小さな角切りの甘い筍、その独特な食感がアクセントになって、意外にも合います!筍の季節になると、思わず買ってしまう一品です。

「モンブラン餅」
ラム酒の風味豊かなモンブランクリームが柔らかい求肥に包まれて、モンブラン&お餅好きの私としては、嬉しい!そして、こんなにも合うとは!これまた意外な美味しさです!

モンブラン餅と竹の子饅頭

モンブラン餅と竹の子饅頭

お店の下段(しもだん)さんにお話を伺いました。
竹の子饅頭は、ご自宅の土留めのために植えた竹。毎年、食べきれないほど採れる筍を何とか和菓子に利用できないかと考案されたものだそう。「食感を楽しめるよう筍の硬い部分を使用しています。台湾のパイナップルケーキの筍版みたいな感じでしょうか。」と下段さん。確かに、食感もパイナップルケーキのパイナップルのような…!話題性抜群のこの一品、この時期の藤沢のお土産として、好適と思いました。

近江堂は「神奈川の美味しい手みやげ」にも掲載

近江堂は「神奈川の美味しい手みやげ」にも掲載

一方、モンブラン餅がうまれたのは、業者から入ったイタリア栗のペーストを和菓子に使おうとしたものの、和栗との違いから合わなかったことによるそう。それならばとモンブランのように洋風にして、コーヒー・紅茶にも合い、1個100円と手頃な値段のお餅に。今や藤沢市ふるさと納税返礼品の近江堂商品のうち、一番人気とのこと!

結婚式などおめでたいお菓子作りに昔使われた型

結婚式などおめでたいお菓子作りに昔使われた型が店内に飾られている

下段さんにお店の歴史をお伺いすると「現在地に移ったのが、明治28年ということで、その前は、近江(今の滋賀県)から婿養子に入った和菓子職人が三浦半島で和菓子店を営んでいたようです」とのこと。それで、店名が「近江堂」なのですね。
現在、下段さんの弟さんがお店を継いで、5代目となるそうです。

歴史と風格を感じる表看板

歴史と風格を感じる表看板

竹の子饅頭は6月いっぱい販売予定ですが、筍がなくなり次第、終了。
モンブラン餅は夏場を除き年間販売されています。生クリーム使用のため、冷凍されたものを販売し、解凍して頂きます。
その他、上生菓子もあり、茶道のルールに則り相談可能ですし、予約・注文になりますが、お赤飯もとても美味しいです。

季節感溢れる上生菓子

季節感溢れる上生菓子

お伺いしました日の夕方、ひっきりなしにお客様がご来店です。売り切れ商品も多数ありました。
午前中は、比較的、お菓子は揃っているそうですが、早々に売り切れてしまうものもあるそうです。このため、お目当てのものはご予約・ご注文されるのが確実です。

手作り柏餅も頂きました

手作り柏餅も頂きました

 

 

近江堂

藤沢市藤沢561
℡/fax 0466-23-0600
営業時間
9:00〜18:00
水曜日のみ17:00まで
年中無休
oumi0