• 最新情報
  • 習いごと

[2017/12/21]

日本初展示! 県内2館で「ミノクラゲ(仮称)」を同時公開 地域・観光・歴史

この記事をクリップする

  • 湘南ニュース
現在の展示の様子(左)。傘の上面に少し突起が出始めている。成長すると、現地調査で撮影した野生個体(右・新江ノ島水族館提供)のように変化していく

現在の展示の様子(左)。傘の上面に少し突起が出始めている。成長すると、現地調査で撮影した野生個体(右・新江ノ島水族館提供)のように変化していく

「新江ノ島水族館」と「北里アクアリウムラボ」の県内2館で、12月5日から「ミノクラゲ(仮称)」の日本初となる展示を開始した。
東南アジアに生息し、成長すると50㎝近くなる大型種で、全身が蓑をまとったような姿になる珍しいクラゲ。展示個体は「ブラパ大学バンセン海洋科学研究所と新江ノ島水族館との海洋科学における協力協定、および北里大学とブラパ大学との学術協定」のもと、2016年にポリプ(刺胞動物の着生生活に適応した形態の総称・クラゲの母体)を譲り受け、今年7月に誕生。
「新江ノ島水族館」の水槽には4個体がおり、現在傘の直径は約5㎝。3回ほど失敗を繰り返しながら同館や現地で研究を重ね、今回展示まで漕ぎつけた。
また、繁殖個体の展示としては世界初。「今後、成長を観察しながら傘の突起がどのように現れるか確認していきたい」と同館。