• 最新情報
  • 習いごと

[2017/04/19]

待っていました!「シネコヤ」オープン@鵠沼海岸商店街 【第1部】 文化・スポーツ

「映画と本とパンの店」で映画通のネコになりたい

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

HAPPA

HAPPA

写真と旅とカフェを愛する、2児の母です。 今年の目標は、砂糖と小麦粉を控えて「激しく!」運動すること。 季節感を大切に、湘南のおいしい&HAPPYな空気をお届けします!

この春、私が一番楽しみにしていたコト。
それは、地域特派員記事で過去2回書かせて頂いた「シネコヤ」が、ついに鵠沼海岸商店街の旧カンダスタジオでオープンするということ。
4/2に行われた内覧会と、4/8にオープンしたシネコヤの姿を、少しだけご紹介いたします。

DSCF2904 (300x400)

まずは、内覧会の様子から。
立派な看板がついたシネコヤは、なんともクラシカルな佇まい。
道行く人が皆、興味津々覗いては立ち止まり、扉を開きます。

DSCF2883 (400x300)

一階奥には本のスペースになる予定の空間があり、レトロなお椅子が並んでいました。
まだ本棚はすっからかんです。
オープン直前の、この状態を見られたのはとても貴重でした。

DSCF2894 (400x300)

カフェスペースはおやつタイムで大賑わいでしたが、空いた隙に撮影させて頂きました。
焼きあがったパンのごとく、皆が集まって熱気ただよう内覧会でした。
ちなみに2階の上映室は、まだ出来上がってませんでした!

DSCF3215 (400x297)

4/8のオープン初日は、生憎の雨。
にもかかわらず、午前の上映はすでに満席、カフェも盛況でした。

DSCF3219 (300x400)

お待たせしました。ありがとうの文字

待っていましたよ、シネコヤさん。
私も、ここに通うネコになりたい。

DSCF3225 (400x300)

ショーケースに並ぶ「チコパン×クゲヌマ」のパンの中から、プレーンマフィンとトウモロコシのマフィンを選んでおみやげに。
自家製天然酵母から手作りしているパンは、とても丁寧に作られたことがよくわかる、シンプルで力強い味がしました。

DSCF3237 (400x300)

パンの他には、本鵠沼の「スワン洋菓子店」のケーキを3種ご用意。(イートインのみ)
スワンの店主は、昔鵠沼海岸商店街の洋菓子店で修業されていたことがあり、そんなところにもご縁を感じています、と代表の竹中さんは静かに教えてくださいました。
店内は3つのスペースに分かれていて、本のスペースと上映室は有料となっています。

①1日出入り自由で、1500円。
(1日2本の映画と、店内の本を時間の許す限り楽しめる。)

②1年間出入り自由で、10000円。
(つまり年パス!)

さあ、あなたならどちらを選びますか?
私はもちろん、②番!

後日、ゆっくり映画も観に行きましたので、5/3にupする【第2部】でお伝えいたします!

DSCF3232 (400x300)

7325COFFEEさんからのキュートな開店祝い♪

店舗情報
シネコヤ

神奈川県藤沢市鵠沼海岸3-4-6

TEL: 0466-33-5393

Open: 10:00-22:00(20:00 L.O)

水曜定休

http://cinekoya.com/

1DAY /1日出入り自由

一般: 1500円

小・中学生: 1000円

*パンのみご利用の方は、1DAY料金はかかりません

*19:00以降は1drink付き