• 最新情報
  • 習いごと

[2016/06/21]

子鉄くんたちのオタのしみイベント!よこすかYYのりものフェスタ2016 地域・観光・歴史

今年は伊豆急の2100系「黒船電車」体験乗車レポも!

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

HAPPA

HAPPA

写真と旅とカフェを愛する、2児の母です。 今年の目標は、砂糖と小麦粉を控えて「激しく!」運動すること。 季節感を大切に、湘南のおいしい&HAPPYな空気をお届けします!

今年も行ってきましたー!「よこすかYY(わいわい)のりものフェスタ2016」!
(2016年6月11日と12日、JR横須賀駅・ヴェルニー公園・三笠公園他で開催)

2015年は、特派員仲間のhanayoさんが参加されて「湘南える」で記事にしたこのイベント。
*hanayoさんの記事→乗り物好きにはたまらない!横須賀YYのりものフェスタ2015♪

実は去年、HAPPA親子も同じ日に訪れていまして・・・しかもお互いの子供たちが、偶然同じテーブルで電車のぬり絵をしている写真が後日見つかり、大騒ぎに(笑)
1年前はまだ見知らぬ相手だったのに、いまや共通の趣味「鉄道」のディープな話で盛り上がる大切なお友達なんです。
子鉄くんたちにとっては、年に一度のアツーい鉄フェス、今年はhanayoさん一家とご一緒させていただきました!

DSCF6004 (300x400)

まず参加したのは、お子様限定の「おもちゃの金魚すくい」。

って!!のりものじゃないの?!と突っ込みたくなりますが、のりもの好きじゃなくても楽しめるのが、このイベントの魅力かもしれません。
整理券をゲットして並べば、無料で遊べるんですよ♪

DSCF6016 (400x300)

お次は、毎年恒例の「ぬり絵ブース」。
去年も暑かったけれど、今年はその上を行く蒸し暑さ・・・
熱中症対策や、日焼け対策はもちろん、時々テントに入って涼みながら楽しみましょう!

DSCF6078 (400x300)

暑すぎて倒れている・・・?わけではありません。

こちらは、終電から始発までの短い時間に仮眠する運転士さん、車掌さん用のベット体験。
時間になると、半ば強引に体ごと起こされる、ナイスアイデアな目覚まし装置です!

うーん、我が家にも欲しいです。
毎朝なかなか起きられない自分用に・・・

DSCF6111 (400x300)

軌陸車(線路等の工事や作業に使われる保守用車)実演からのワンショット。
下を見るとちょっと怖いけれど、風が気持ちよかったです!
体験する人は、腰に安全用の留め金つきベルトを着けるのですが、「結構重いですね!」と言ったら、「実際の作業時には、色々な工具をここに入れるので、何倍もの重さになるんですよー!」と教えてもらいました。
日々利用する鉄道の舞台裏を知れる機会に、親の私も興味津々でした。

その他にも、鉄道グッズを買ったりスタンプラリーをしたり、子鉄くんたちは思い思いに楽しんでいましたが、今回のメインイベントはこれ!

DSCF6122 (400x296)

伊豆急2100系・黒船電車

伊豆急行の「リゾート21・黒船電車」の体験乗車に当選したので、このレアでレトロな車両に乗って、横須賀から大船まで帰路に着きます。
乗車時間は20分前後ですが、無料でリゾート気分を味わえるなんて最高♪
しかし、受付から乗車までの間、駅の外の駐車場で待たなければならないので、ここでも熱中症対策は必須でした。

DSCF6157 (400x300)

受付で渡された体験乗車証を首から下げて、やっとゆっくりできるわ♪と思っていたら、なんと子供たちがいない?!

DSCF6124 (300x400)

特等席なのに・・・

他の車両を探してみると、まあびっくり。
子鉄くんたちはちゃんと知っていたのです、グリーン車「ロイヤルボックス」の特殊照明がとても素敵だってこと!!

DSCF6155 (400x300)

天井に流れ星が・・・!

特殊塗装とイルミネーションによる演出で、トンネルに入り暗くなると天井が星空になるしかけだそうです。
今回は乗車体験会のために窓が黒くしてあり、まるでプラネタリウムのよう☆

走行中には席に戻って、珍しい窓の形やモーター音に感動しつつ、約20分の乗車時間はあっという間に過ぎてしまいました。

大船駅で体験乗車証と引き換えに、記念品をもらい、今回の体験乗車はおしまい。
「来年の体験乗車は何かな?」「また当たったらいいね♪」とご機嫌な子鉄くんたちでした。

DSCF6182 (400x300)

よこすかYYのりものフェスタ