• 最新情報
  • 習いごと

[2017/11/05]

平塚・大磯ウォーキング(前半) 地域・観光・歴史

もろこしが原を歩く

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

ひまわる

ひまわる

福島県出身、茅ヶ崎在住10年目。小学生2人の母です。 日々のお散歩、ドライブで発見した魅力たっぷりな湘南生活の地域情報をお届けしていきたいと思います。

こんにちは。
涼しくなり、体を動かしたいと思っては雨続き。
晴れた日を狙って、ウォーキングコースをご紹介しようと思っていたのですが、取材日があいにく台風の翌日となってしまいました。

ご紹介しようと思っていたコースは、平塚から大磯にかけての海沿い。
遊歩道になっているので、条件が良ければとても気持ちよく歩けるかと思います。
平塚市、なでしこ公園をスタートし、「1時間歩いて折り返す」と目標を決め、大磯側へ向かいます。

なでしこ公園4

出発地点はなでしこ公園

なでしこ公園3

出発前にどこにトイレがあるかを確認しておくのもポイントです。

なでしこ公園1

出発前のなでしこ公園で発見。「更科日記」の一部が記されていました。
諸説あるそうですが、平塚から大磯にかけての海辺を「もろこしが原」と記していたようで、藤沢あたりから大磯あたりを通ったときの記述だそうです。
それでは、「もろこしが原」を歩いてみましょう♪

なでしこ公園西側を出るとすぐに金目川です。
さらに、南側の134号線、花水川橋へ向かいます。

金目川

花水川橋

穏やかなゆったりウォーキングを望んでいたのですが。
川が増水、波は高く茶色い海ですね。
台風直後となってしまったので、気をつけながら歩きます。
遊歩道

海

花水橋大磯側へ渡るとすぐに大磯海岸サイクリング・遊歩道です。
通行止にはなっていなかったようなので、様子をみながら歩きます。
今回の台風は高波の被害が各地で出ましたね。
大磯側に行くほどひどく感じ、海岸には海からの漂着物が。

冠水

遊歩道を抜けると、冠水してますね。
大磯港付近、この辺りは高波が周辺の道路まできていたようで、道路にも漂着物が散乱していました。
重機で道路の漂着物を片付けていました。

大磯

大磯照ヶ崎海岸の方へ向かおうと思いましたが、この状況では海岸は歩けそうにありません。

このあたりでおよそ30分歩行しました。
穏やかな海岸ウォーキングとはなりませんでしたが、荒れた海を見ながら歩くことも普段は滅多にできないことなので、自然の風景を見ながら歩けることに喜びを感じることができました。
まだまだ歩けそうなので、後半は大磯側を歩きます。

ウォーキングコース
なでしこ公園→花水川橋→大磯海岸サイクリング・遊歩道

地図のポイントはスタート地点のなでしこ公園(平塚市)です。