• 最新情報
  • 習いごと

[2018/01/16]

平塚の名産品・食の魅力がそろう!あさつゆ広場 地域・観光・歴史

平塚の名産品がずらり!

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

Mitsy

Mitsy

これまで、いろいろなところに住みました。住んでみないとわからないことがあるものです。そんな経験を活かし、藤沢に住む者ならではの地元の情報や魅力を伝えていきます。

平塚でのメディフェスでも話題となり、その中でフナミさんも紹介していましたあさつゆ広場。
今回は、あさつゆ広場で買うことの出来る平塚の名産品の数々を中心にご紹介します。
●平塚生まれのブランド米「はるみ」
平成28年産米の「米の食味ランキング」で、神奈川県産米では初の快挙となる最高評価の特Aの評価を受けました。
まず、平塚でお米を作っていることに驚いた私ですが、神奈川県初の特Aということにさらに驚きました。冷めても美味しいのが特徴。我が家の食卓でも定番となっています。

名前の由来は「湘南の腫れた海」

名前の由来は「湘南の晴れた海」

●幻のさつまいも「くりまさり」を使った商品
「栗に勝る」おいしさが名前の由来。大野地区での栽培が盛んだそうですが、農家が少なく希少ゆえに、「幻のいも」と言われているそう。11月にお伺いした時にはさつまいものコーナーに「くりまさり」はありましたが、今回お伺いした時(12月半ば過ぎ)には見当たらず。鈴木店長にお伺いしますと、例年8〜10月が収穫期。栽培が難しい上に、昨年は出来があまり良くなかったとのこと。
それでも、あさつゆ広場にはくりまさりを使った商品がありました!

湘南名菓「ほっくり」(杵若)…まさに、ほっくりとした甘さと食感のおまんじゅう。実家へのお土産に購入しました。

栗まんじゅうのようですが、くりまさりのまんじゅうです

栗まんじゅうのようですが、くりまさりのまんじゅうです

いも焼酎「幻の芋 くりまさり」…お酒大好きな夫によると、とても香り高く、美味しい芋焼酎だそうです。

25度と35度があります

25度と35度があります

そして、併設のあさつゆ工房ジェラートにも!お芋の風味がたまらないです。

くりまさりのジェラートは頂くことができますとのこと

くりまさりのジェラートはまだまだ楽しめます!

●これまで「湘南える」で紹介された平塚の名産品の数々
サンメッセしんわのみかんぱん荒井だるま屋のだるま、湘南いぶし・がんさんの燻製工房の商品、杵若の湘南バラ羊羹など…平塚初心者の私としては、あさつゆ広場でこれらの名産品に一気に出会えるのが嬉しい!そして、それぞれのお店にもお伺いしたいと思っています。

やっと購入できました!

やっと購入できました!

右隅に干支だるま(戌)があります

右隅に干支だるま(戌)

いぶしガンさんの製品

燻製商品の数々

 

 

 

 

もちろん、うみさんの紹介のとおり、地元の新鮮な農産物も魅力です。
鈴木店長に売れ筋商品をお伺いしました。
寒いこの時期は、鍋の具材となるお野菜が売れているそうです。

白菜、ネギ、春菊、ゆず等地物鍋具材が揃います

白菜、ネギ、春菊、ゆず等鍋具材が揃います

そして、これからの時期は「いちご」!
お伺いしましたこの日(12月半ば過ぎ)も店頭に並んだそうですが、まだ出荷数が少ないこともあり、即完売。しかし、1月からは本格的シーズンに入り、ゴールデンウィークまで楽しむことができるそうです。

いちごのジェラートは早くも大人気だそう!

いちごのジェラートは早くも大人気だそう!

地元農産物だけでなく、平塚の名産品もそろっていて、平塚の食の魅力を知ることができるあさつゆ広場。農産物を見て、旬を知り、季節を感じる場所でもあります。
まだまだ、マイブーム「平塚」は続きそうです。

珍しい!?大磯産サトウキビ

珍しい!?大磯産サトウキビ

JA湘南 あさつゆ広場

住所/平塚市寺田縄424-1
電話/0463-59-8304
営業時間/
夏期(3月~10月)9:00~18:00
冬期(11月~2月)9:00~17:00
あさつゆ工房(ジェラート製造販売)
夏期(3月~10月)9:30~17:00
冬期(11月~2月)10:00~16:00
駐車場/あり(約100台)
定休日/詳しくはこちらをご覧ください
あさつゆ広場HP
asa11