• 最新情報
  • 習いごと

[2017/09/28]

家族の幸せは 主婦の健康から (湘南 2017年9月30日1440号・平塚520号) 健康・医学

ピンクリボンかながわ代表・土井卓子さんに聞く!

この記事をクリップする

  • イベント

20170930-110月は「ピンクリボン月間」。「一人でも多くの女性が乳がん検診を定期的に受けることが乳がん死亡率を下げることにつながります」と語る「ピンクリボンかながわ」代表の土井卓子さんに話を伺いました。

 20170930-2
湘南記念病院乳がんセンター長。医学博士。医師として、女性の立場から女性のための乳がん治療および乳腺分野での治療に従事。乳がんセンター長として、医師、看護師だけでなく、薬剤師、体験者コーディネーターやリンパ浮腫ケアースタッフを組み込んだ乳がん治療チームの組織、また形成外科と連携した乳房再建などの総合的な乳腺治療を目指す。一方で乳がん啓蒙のためメディア出演や講演活動も数多くこなす。

湘南記念病院乳がんセンター長。医学博士。医師として、女性の立場から女性のための乳がん治療および乳腺分野での治療に従事。乳がんセンター長として、医師、看護師だけでなく、薬剤師、体験者コーディネーターやリンパ浮腫ケアースタッフを組み込んだ乳がん治療チームの組織、また形成外科と連携した乳房再建などの総合的な乳腺治療を目指す。一方で乳がん啓蒙のためメディア出演や講演活動も数多くこなす。

 

20170930-4

罹患率のピークは45~50歳
40歳過ぎたら検診を

―乳がんは、女性に一番多いがんだそうですね。
土井さん:
今、日本では1年間に9万人が乳がんにかかっています。「日本女性の11人に1人が乳がん」という時代を迎え、誰がかかってもおかしくない病気だと言えます。
―今年は、若い人の乳がんに注目が集まりましたが、実際は、どの年代がかかりやすいのですか。
土井さん:
45~50歳をピークに発症しており、子育てや介護、仕事などで女性が一番忙しい時期にかかりやすい病気です。乳がんは、小さいうちに見つけると治る可能性が高いので、早期発見が重要です。
「私は大丈夫!」という根拠のない思い込みが家族を不幸せにしてしまうかもしれません。「忙しいから」と後回しにしないで、あなた自身と大切な家族のためにも、40歳過ぎたら必ず検診を受けましょう。

まずは自治体の「住民検診」を受診して

―乳がん検診には、どんな種類がありますか。
土井さん:
まずは、地元自治体が行っている「住民検診」を2年に1度受診し、40歳前の若い人や毎年受けたい人、エコーを希望する場合は、「職域検診」や「ドック型検診」を利用すると良いでしょう。

20170930-8

20170930-7

 

40代の検診はエコーと併用
50〜60代はマンモ単独でも

―検査方法は、どんなものがあるのでしょうか。
土井さん:
乳がんの初期症状の一つ「石灰化」や腫瘤(しゅりゅう)や構築の乱れを写し出すマンモグラフィ(乳房X線検査)や、超音波で手に触れない数㎜のしこりを見つけるエコー(超音波検査)などがあります。40代では、エコーとマンモグラフィを併用し、50.60代以上はマンモグラフィ単独でもよいでしょう。
乳がんは、自分で観察したり触れたりすることによって発見できる可能性が高いがんです。セルフチェック(乳房自己触診)で、少しでも気になることがあれば、乳がん検診を受けてください。「家族の幸せは主婦の健康から」を忘れないで!

「乳房自己触診」の方法は、ピンクリボンかながわホームページでも紹介されています。http://www.pinkribbon-kanagawa.jp

20170930-10

20170930-9

「一人でも多くの人に乳がんのことを知ってほしい」という土井さんの呼びかけに応えて、横浜市水道局では、「はまっ子どうし The Waterピンクリボンボトル」を販売。横浜市の水源の一つ、山梨県道志川の清流をボトリングした飲料水です。500ml(1ケース24本入り)2400円。配送料は、1~10ケースは200円、11ケース以上は無料。注文・問い合わせは、横浜市水道局お客さまサービスセンター☎ 045-847-6262、FAX 045-848-4281へ。必ず「ピンクリボンボトル」と伝えて。

20170930-32

20170930-12この時期、乳がんや乳がん検診についてのさまざまな啓発イベントが開催されます。「参加して、乳がんの早期発見・早期治療の大切さを知ってください」と、「ピンクリボンかながわ」代表の土井卓子さん。ぜひ出かけてみて!

 

ピンクリボンかながわ in 鎌倉2017

「乳がんから身を守る~早期発見・早期治療の大切さ~」と題して、土井卓子医師の総合司会で、体験者、医師、技師が語る講座(14:00 ~ 15:30)ほか、ステージイベントも。荒天の場合、講座のみ実施。10/6(金)~ 9(月・祝)、大船観音がピンクにライトアップ。
日時/ 10/7(土)13:00 ~ 18:00
場所/大船観音寺(鎌倉市岡本1-5-3)
料金/無料(申し込み不要)。ただし入場には拝観料300円が必要
問い合わせ/ピンクリボンかながわ事務局
☎ 0120-406-561


 

第7回 BCネットワーク
乳がんタウンホールミーティング@横浜

「対話で探る患者にとっての最良の医療~色々な可能性を秘めたウイッグをあなたに~」と題して開催。第1部は、土井卓子医師が司会を務め、がん治療に取り組む医師4人の講演や参加型ディスカッション。第2部は、患者と経験者によるメイクとウイッグショー。
日時/ 10/28(土)13:00 ~ 16:45
場所/石横浜ホール(横浜市中区桜木町1-1-8)
料金/ 1000円
参加申し込み/ BCネットワークのホームページから申し込みを http://bcnetwork.org


 

受けてみよう 乳がん検診2017
~家族で学ぼう 検診の大切さ~

オープニングコンサートに続き、講演会(13:55 ~15:15)では、レディオ湘南DJ・元プリンセスプリンセスドラマーの富田京子さんの司会により、土井卓子医師が「楽しく乳がんを知って、上手に健康を守ろう!」をテーマに講演。ふじキュン♡も来ます。
日時/ 11/3(金・祝)13:00 ~ 16:00
場所/藤沢市民会館第2展示集会ホール
定員/150人
問い合わせ/藤沢市保健医療センター
☎0466-88-7300


 

第2回 ピンクリボン湘南ウオーク

乳腺専門医によるトークショー(11:00から)では、「それぞれの乳がん検診」をテーマに、土井卓子医師、平塚共済病院・谷和行医師が話します。13:00ウオーキングスタート。ゴールの江の島会場では、シーキャンドルがピンクにライトアップされます。
日時/ 11/18(土)10:00 ~ 18:00
場所/テラスモール湘南~江の島サムエル・コッキング苑 
料金/ 2000円(記念品プレゼント)
参加申し込み/ http://spoen.net/71849/a から10/16(月)までに。☎0570-550-846(平日10:00 ~ 17:30)