• 最新情報
  • 習いごと

[2018/04/05]

大磯町の病後児保育室を4月から二宮町民も利用可能に 地域・観光・歴史

この記事をクリップする

  • 湘南ニュース

大磯駅から徒歩約4分、(福)エリザベス・サンダース・ホーム 認定こども園「あおばと」内の病後児保育室「もりのうさぎ」を、大磯町協力のもと4月から二宮町民も利用可能となった。
〝病後児保育〟とは、病気の回復期の子どもで、保育所等での集団保育が困難な期間や、仕事等の理由から家庭での保育が難しい保護者の代わりに預かる事業。若年層家族の増加を期待する二宮町。同事業は保護者の支えになりそうだ。
同施設を利用する際、「あおばと」への事前登録が必要。定員は一日3人(先着順)、月~金曜(祝日は除く)午前7時30分~午後6時30分。利用料金=一日2000円+給食・おやつ代400円。問い合わせは認定こども園「あおばと」へ。☎0463(74)5918