• 最新情報
  • 習いごと

[2017/08/31]

大磯プリンスがスパ棟新設に続き通年・滞在型リゾートに魅力アップ 地域・観光・歴史

この記事をクリップする

  • 湘南ニュース
心地良い潮風を感じながら行われた「サップヨガ体験」。写真手前は、サップヨガ協会理事長の田中律子さん

心地良い潮風を感じながら行われた「サップヨガ体験」。写真手前は、サップヨガ協会理事長の田中律子さん

この夏、新たにスパ棟をオープンし、通年型のリゾート施設として生まれ変わった「大磯プリンスホテル」(大磯町国府本郷546)。女性を中心とした層に向け、滞在型リゾートの魅力を高めるため、スパ棟内の温泉・スパ施設が一般(日帰り)利用も可能になる9月以降、エクササイズプログラムなどのアクティビティーの充実が図られる。
これに先駆け、8月22日、18歳以上の女性限定で、日本サップヨガ協会による「サップヨガ体験」を開催。多くのプール客でにぎわう大磯ロングビーチ場内の競泳プールを会場に、同協会理事長の田中律子さんがレクチャー。参加者はホテルのプールで、非日常感あふれる時間を楽しんだ。