• 最新情報
  • 習いごと

[2014/12/01]

大玉柿~大磯落葉果樹研究会(大磯町)~ 料理・グルメ

手のひらにずっしり! 味わい豊かな大きな柿

この記事をクリップする

  • 連載コラム

太 秋 は100g80円で販売。写真の柿は480gで手のひらが隠れるほど!この種特有の条紋はおいしさの印

大磯の“大玉柿”を知っていますか? 太秋(たいしゅう)や富有などの柿を手間暇かけて大きく育てたもので、「大磯落葉果樹研究会」に属する6軒の農家が手がける希少な名産品です。
「今の時期、おいしいのは太秋。サクサクとした食感とジューシーさが人気で、糖度も 17 ~ 20 と充分。でもさっぱりとしていて、これまでの柿とはひと味違います。条紋という筋が表面に出ているものが甘いよ」と、会長・鈴木教夫さん。通常でも約350g と大ぶりですが、大玉柿では 450 ~ 500g のものも。その栽培は土壌検査をして土作りから始め、せん定、摘蕾(てきらい)、受粉、摘果、収穫…とすべて手作業。一番大変な作業は?の問いに「普段の作業」と答えが返ってくるのも納得です。
「今年はやや小ぶりですが豊作。甘くていい柿ができたと思います。収穫までにどれだけ大きくなるか楽しみです」。手のひらいっぱいに感じる重みには、作り手の一年分の思いが込められています。

手前が太秋

手前が太秋

大磯落葉果樹研究会
「9月の早秋から始まり、今の時期は太秋、10月末~11月は富有が食べごろです」と鈴木さん

「9月の早秋から始まり、今の時期は太秋、10月末~11月は富有が食べごろです」と鈴木さん

★購入は…
大磯町HP掲載の各農園で。
http://www.town.oiso.kanagawa.jp/sangyo/norin/