• 最新情報
  • 習いごと

[2017/07/15]

大人でも工場見学って楽しいな!! 地域・観光・歴史

世界で1つだけのチキンラーメンを作ってみませんか?

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

フナミ

フナミ

湘南生まれの湘南育ちで在住★★年! 泳ぎは得意ではないですが、湘南を愛する気持ちは誰よりも強いです! 清く正しく楽しく!!をモットーに楽天的に生きています!

もうすぐ夏休み!海に山に色々お出かけの計画があると思いますが、涼しい場所で色々な体験が出来る工場見学もなかなかお勧めです。お子さんはもちろん、大人が行っても楽しかったのがみなとみらい横浜にあるカップヌードルミュージアムです。

IMG_8004IMG_8009IMG_8007

 

 

 

みなとみらい線「みなとみらい駅」又は「馬車道駅」より徒歩8分JR、市営地下鉄「桜木町駅」からは徒歩12分です。お天気が良い日だったので、桜木町駅から、みなとみらい横浜の風景を楽しみながら木道をどんどん歩いて行きました。途中紫陽花などお花も楽しめます。

IMG_8012IMG_8017IMG_8022

 

 

 

今までカップヌードルミュージアム界隈は、何度も通ったことがあります。カップヌードル体験をした子供達マイカップヌードルを大事そうにバルーンに入れて、持っている姿を見たことがありました。今までは、子供が楽しむ!体験する場所かなと思っていました。せっかく近くにあるので、友人と社会科見学を兼ねて訪れてみました。インスタントラーメンの父と呼ばれる安藤百福(あんどう ももふく)氏の世界も体感することが出来るそうです。

IMG_8023IMG_8028IMG_8040

 

 

 

午前の時間は小中学生や外国人の団体が多かったです。入口のタイルに、すでに百福氏の「仕事を戯れかせよ」と書いたメッセージを発見しました。

IMG_8042IMG_8043IMG_8102

 

 

 

3階のファクトリーでは実際に、チキンラーメン(90分)やマイカップヌードル作り(60分)を体験することが出来ます。こちらは予約制で当日受付も出来ますが、前もって予約しておくと安心です。

IMG_8119IMG_8154IMG_8129

 

 

 

チキンラーメンは2人1組で小麦粉をこね、伸ばして蒸した後に味付けをして「瞬間油圧乾燥法」で乾燥させるまでの工程を体験します。90分は長いな!と最初思いましたが、麺づくりから出来たのは感動です。まさに世界で1つだけのチキンラーメンの出来上がりです。

IMG_8141IMG_8140IMG_8149

 

 

 

IMG_8152IMG_8167IMG_8168

 

 

 

DVDで工程やチキンラーメンの歴史を見ながら、作業をしていきます。チキンラーメンの袋にお絵かきをするのは、最初は絵は苦手?なんて躊躇していたのですが、カラフルなマジックを使って、いざ書き始めると楽しかったです。共同で麺作りをする作業は絆が深まること間違いなしです。出来立ての麺はぱりぱりして美味しかったです。

IMG_8108IMG_8110IMG_8185

 

 

 

2階にある百福シアターでは、インスタントラーメンの歴史をさかのぼり、波乱の人生を乗り越えて世界的な発明を成し遂げた安藤百武氏の生涯をアニメーションで展開するので、わかりやすかったです。クリエーティブシンキング=創造的思考の原点となる6つのキーワードを楽しくわかりやすく紹介します。

IMG_8211IMG_8189IMG_8202

 

 

 

安藤百福ヒストリーでは生涯を当時の時代背景を交えて全長58mの大パノラマで紹介しています。6つのキーワードの「まだ無いもの見つける・なんでもヒントにする。アイデアを育てる。タテ・ヨコ・ナナメから見る。常識にとらわれない。あきらめない」新入社員や学生の研修以外にも、私たちの毎日の生活のヒントになることがたくさんだな!と実感しました。

IMG_8171IMG_8172IMG_8179

 

 

 

インスタントラーメンヒストリーキューブは、1958年のチキンラーメンから始まり、半世紀で世界的な食文化に発展していく様子を3000点以上のパッケージで表現します。子供の頃食べたチキンラーメン、出前一丁のCMなどどこか自分の半生にタイムスリップしていきました。

IMG_8111IMG_8248IMG_8245

 

 

 

世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」が誕生した研究小屋を忠実に再現してありました。特別な設備がなくてもありふれた道具だけで世界的な発明が生み出せるメッセージを感じることが出来ます。人生すべてを新しい「食」の創造に捧げた96年の生涯を歩むことが出来ます。インスタントラーメンを世界食~宇宙食に発展させたりとアジアの英雄66人にも選ばれています。

IMG_8045IMG_8235IMG_8222

 

 

 

マイカップヌードルミュージアムで、「オリジナルカップヌードル」を作ってみました。自分でデザインしたカップに、4種類の中から好みのスープと12種類の中から4つのトッピング具材を選ぶことが出来ます。味の組み合わせは合計5460通りだそうです。

IMG_8223IMG_8224IMG_8229

 

 

 

IMG_8231IMG_8233

トマトチリ味のスープと海老・ミート・チーズ・ひよこはんぺん(これは欠かせない)を選んで蓋をしてエアパッケージに空気をいれて出来上がりです。こちらは、選べば作ってくれる感じであっという間でした。

IMG_8051IMG_8070IMG_8089

 

 

 

今回私のもう1つの楽しみは、4階のヌードルバザールの「ワールド麺ロード」です。8か国の麺を味わえるフードアトラクションでアジアのマーケットをイメージした空間です。

IMG_8059IMG_8074IMG_8069

 

 

 

麺にスイーツに種類がたくさんあって迷ってしまいます。辛さレベルが表示してあるので味は安心して選べます。すべて半分サイズなので友人とチョイスして楽しむことにしました。

IMG_8073IMG_8067IMG_8077

 

 

 

赤道直下の甘辛い焼きそば♪ミーゴレン(インドネシア)つるんとさっぱり味の米めん♪フォー(ベトナム)辛くて酸っぱい世界3大スープの♪トムヤムクン(タイ)を選びました。どれもスープの美味しさに麺がマッチして異国情緒の気分を味わえました。

IMG_8079今回絶対友人と食べてみようね!と最初に気になったのは♪カップヌードルソフトです。カップヌードル味のソフトはどこか塩ソフトのようなしょっぱさがあります。卵やネギなどカップヌードルと同じ具材がトッピングされていました。♪ふんわりマンゴ―氷が甘くて美味しかったです。

IMG_8094IMG_80954階にはカップヌードルパークもあります。こちらは3歳以上小学生以下限定ですが、カップヌードル製造工程を体感することが出来る屋内アスレチックです。自分自身がカップヌードルの麺となり出荷されるまでを体験します。

IMG_8100IMG_8097IMG_8098

 

 

 

4階にはテラスがありへ出ることも出来ます。ここから見るみなとみらい横浜の景色も、青い海に青い空と気持ちが良いです。工場見学といっても、ゆったりした場所で自由自在に好きに回れるのが心地良いです。出入りも自由ですが、体験コーナーをはじめ、グルメに展示と1日中誰もが楽しめる場所です。

IMG_8256IMG_8262IMG_8265

 

 

 

1階のミュージアムショップは、ひよこちゃんをはじめカップヌードルグッズが色々と売っています。午前中は学生が多かったですが、夕方近くなると孫のお土産を買う人達の姿もありました。まさに老若男女が1日中、見て、触って、遊んで、食べて楽しみながら発明・発見のヒントを学び取り、自分だけのクリエイティブシンキングを見つけることが出来る場所です。

 

 

カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)

〒231-0001

横浜市中区新港2-3-4

総合案内 045-345-0918

予約専用ダイヤル 045-345-0825

受付時間10:00~18:00

開館時間10:00~18:00(入館は17:00まで)

休館日 火曜日 年末年始

入館料 大人500円 高校生以下無料

マイカップヌードルファクトリー 1食300円

チキンラーメンファクトリー 小学生300円 大人500円 ★お土産付