• 最新情報
  • 習いごと

[2017/11/24]

地元菓子店×笠岡ゼミコラボ企画 料理・グルメ

“腸活”がテーマの「お菓子de健康フェア」

この記事をクリップする

  • イベント
  • ショッピング

11/26(日)までラスカ茅ヶ崎で開催中の「お菓子de健康フェア」をのぞいてきました。
DSC_1367

リビング湘南「食の真実!?」コラムでおなじみの
文教大学健康栄養学部管理栄養学科の笠岡誠一教授の笠岡ゼミと
地元和菓子店「三鈴」と手作りアイスクリーム店「Plenty’s(プレンティーズ)」がコラボして作った、腸にうれしいお菓子が並んでいます。

レジスタントスターチという、食物繊維と同じような働きをするでんぷんを使用。地元茅ヶ崎産の野菜も使って、ヘルシーなスイーツが誕生。

生のほうれん草を使用した大福「ほうれん雪(すのう)」、さつまいも餡の「レジどら」、ミニトマトが丸ごと1個入ったようかん「まるでとまと」、皮ごとかぼちゃを使った最中「湘南もなかぼちゃ」、話題の大麦を使用したワッフル(かぼちゃメープル・ココア)、さつまいものアイスクリームと豆乳入りワッフルコーンetc.

商品開発に携わった笠岡ゼミの学生さんたちが販売も行っています。
この機会に立ち寄ってみて。

「お菓子de健康フェア」

11/26(日)まで。10:00~18:00
ラスカ茅ヶ崎3階正面入り口

http://www.bunkyo.ac.jp/news/event/20171120-03.html
(文教大学ウェブページにリンク)