• 最新情報
  • 習いごと

[2018/02/08]

創立 50 周年の湘南ベルマーレ 新加入選手を迎え、新体制発表 文化・スポーツ

この記事をクリップする

  • 湘南ニュース
新加入選手と曺監督(手前中央)

新加入選手と曺監督(手前中央)

湘南ベルマーレの2018シーズン新体制発表会見が1月18日、平塚のホテルサンライフガーデンで行われた。1968年に藤和不動産サッカー部として創部し、50周年を迎える今季は13人の選手(1月22日時点)と2人のスタッフが新たに加入した。
スローガンは〝ALIVE〟。「ピッチの中も外も〝ALIVE〟―生きていることを周りに見せ、勝利を究極に追求し、見ている人が気持ちを動かされるチームを作り、選手がALIVEできるシーズンにしていきたい」と曺貴裁(チョウ・キジェ)監督。

一番左がたすき柄のデザインの1stユニフォーム

一番左がたすき柄のデザインの1stユニフォーム

会見では新ユニフォームも披露。50年間の感謝とさらなる飛躍をテーマに、Jリーグ初年度のリーグ戦ユニフォームのダイヤ柄とフジタ時代のブルーのカラーを用いた、右肩上がりのたすき柄のデザインで、〝歴史を繋ぐ〟という意味も込めた。また、右肩には昨年10月に拡大した9市11町名が表記されている。

新体制発表会見の特別特派員を務めた、俳優・久保田悠来さん(右)

新体制発表会見の特別特派員を務めた、俳優・久保田悠来さん(右)

当日は、平塚市出身で、長年のサポーターであり、湘南リビング新聞社のベルサポ広報室長として活躍中の俳優・久保田悠来さんが会見の特別特派員に任命され、自身のTwitterアカウントからも様子を発信した。
開幕戦は2月24日(土)、ホーム・平塚で、V・ファーレン長崎と対戦する。