• 最新情報
  • 習いごと

[2017/08/05]

創業70年!藤沢人のソウルフード 料理・グルメ

古久家藤沢店

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

Mitsy

Mitsy

これまで、いろいろなところに住みました。住んでみないとわからないことがあるものです。そんな経験を活かし、藤沢に住む者ならではの地元の情報や魅力を伝えていきます。

夏休みになり、帰省したり、ご家族や親戚が集まったり、お出かけする機会も多いと思います。
皆さんのソウルフードは何でしょうか?
我が家では、
他県に住んでいた時に、藤沢に帰省するたびに行ったのが、古久家。
夫の家族が集まり、お昼でも食べようか…というと、古久家。
聞けば、88歳になる義父も若い頃から食べていたという古久家。
…という具合に、我が家のソウルフードは古久家藤沢店です!
祖父から子ども、孫の代まで受け継がれる味、今年創業70年を迎える藤沢人のソウルフード古久家。市内数ある店舗のうち、古久家藤沢店をご紹介します。

藤沢駅南口からすぐのダイヤモンドビル。地下には、昭和を感じる店舗が並びます。その奥に古久家があります。
kokuyafrontw

食品サンプルのメニューも懐かしい

食品サンプルのディスプレイも懐かしい

食券を先に買って、席に着くスタイル。
平日、休日問わず、いつも食券を求める列ができ、一人で行くと相席になることがほとんど。15時頃はようやく空くでしょうか、それでも、テイクアウト商品を求める方など、お客様の来店は絶えません。そして、夕方また混雑が始まります。
お客様の年齢層も幅広く、子供連れのご家族やカップルはもちろんのこと、年配の男性・女性のお一人様、ご夫婦も多くお見かけし、なるほど、ソウルフードなのだな、と感じます。

kokuyanai

kokuyamado kokuyaisu
照明、テーブル、椅子…店内の雰囲気、どうですか、懐かしいですね!いや、懐かしくレトロな感じ…というよりも、まるで、昭和にタイムスリップしたようです。

私が、いつも注文するのは、サンマーメンか、焼きそば。夫がサンマーメンなら、私は焼きそば、または、逆のパターンも。どちらも大人気で、他のお客様も食べているように思います。
ちなみに、私は、焼きそばにお酢をたっぷりかけて頂くのが好きです。相席の年配の女性も同じように食べていました。

壁に「御席五番」字体から懐かしい

焼きそば 壁に「御席五番」字体も懐かしい

神奈川県のご当地麺とも言われるサンマーメン

神奈川県のご当地麺とも言われるサンマーメン

三瓶(みかめ)店長オススメは餃子。
kokuyagyoza
そして、季節限定商品もオススメだそうです。
気になる季節限定商品とは、夏は、サラダ冷麺、冬は、肉まん、あんまん、チャーシューまんです。
特に、チャーシューまんは、お料理に使われているチャーシューがそのまま入っており、珍しい一品だそうです。

店内奥に温度計のようなものを見つけました。

リンディケーター

リンディケーター

お店の方にお聞きすると、昔、地下に重油のタンクがあり、重油を組み上げる時に使っていた「リンディケーター」とのこと。
この他にも何か懐かしいものを発見できるかもしれませんね。皆さんも店内の懐かしい雰囲気と一緒に、古久家の味の数々を楽しんではいかがでしょうか。
kokuyakanban

古久家藤沢店

住所 藤沢市南藤沢2−1−3
ダイヤモンドビル地下1階
電話番号 0466-23-6777
営業時間 11:00〜19:30
※10:00〜生餃子など生の商品は、テイクアウト可、焼きそばなどの電話注文可だが、お渡しは11:10〜
定休日 ダイヤモンドビルの休業日に準ずる
駐車場 なし
HP http://www.kokuya.com/01b.htm

古久家藤沢店メニュー