• 最新情報
  • 習いごと

[2017/12/21]

光のアーティスト高橋匡太「箱根ナイトミュージアム」開催中 地域・観光・歴史

この記事をクリップする

  • 湘南ニュース
12/1 に行われたプレイベントの様子。作品一つ一つの特色を生かしたこだわりのライティングは、どれも圧巻

12/1 に行われたプレイベントの様子。作品一つ一つの特色を生かしたこだわりのライティングは、どれも圧巻

「彫刻の森美術館」では、現在「箱根ナイトミュージアム」を開催中。
これは冬の集客率を伸ばすため、周辺宿泊施設や交通機関などが話し合いさまざまな工夫を凝らす中、同館が始めた企画。
全国各地で光のアートを手掛ける高橋匡太さんとタッグを組んだ同イベントは、外展示の作品19点で構成。その彫刻を生かしたライティングは、昼間では感じにくい作品のタッチや陰影などが浮き出て幻想的な雰囲気に仕上がっている。
また、同イベントは来場者参加型。特殊な提灯を持って作品を周ると、その場で色が変化する。高低差のある同館では、提灯を持って歩く人もアートの一部になる、という仕組みだ。

光のアーティスト・高橋匡太さん

光のアーティスト・高橋匡太さん

来年1月8日(月・祝)まで開催。午後4時30分~午後6時(期間中は通常の閉館時間をライトアップエリアのみ午後6時まで延長)。