• 最新情報
  • 習いごと

[2017/08/17]

住友生命保険相互会社と健康づくり推進の包括協定締結 地域・観光・歴史

この記事をクリップする

  • 湘南ニュース
協定締結式には、落合市長(右から4 番目)や「住友生命保険相互会社 湘南支社」の阿川湘南支社長(同3 番目)らが出席した

協定締結式には、落合市長(右から4 番目)や「住友生命保険相互会社 湘南支社」の阿川湘南支社長(同3 番目)らが出席した

市民や地域団体・事業者と相互に連携し、協働して施策を進める「健康づくり推進条例」を昨年制定した平塚市では、施行後初めて「がん検診の受診率向上及び健康づくりの推進に係る包括的連携に関する協定」を、7月27日に住友生命保険相互会社と締結した。 締結式に出席した阿川湘南支社長は、「がん予防対策の推進に関して、住友生命保険相互会社が神奈川県内の市と包括協定の締結を行うのは4番目。訪問等で顧客と接する機会に、がん検診受診の啓発やがんセミナーなどのイベントを行っていく」と話した。なお、平塚市民の昨年度がん検診受診率は約15%(神奈川県では40%代)と低く、協定締結を通して医療費の削減と健康長寿を目指す。