• 最新情報
  • 習いごと

[2017/05/25]

今の私が一番好き! “好き”を仕事に! (平塚 2017年5月27日512号) 生活・経済・教育

この記事をクリップする

  • イベント

20170527-40結婚、妊娠、子育てなどのタイミングで、それまでのキャリアを考え直す女性も少なくないのでは。今回は、働き方を変えて、“好き”な仕事でキラリと輝く女性を紹介します。

20170527-41

20170527-42

SKピラティス
先崎春弥(かすみ)さん(夫、子ども3歳)
教室についてはhttp://www.skpilates.net

5月で開業1周年の平塚にある「SKピラティス」。主宰の先崎春弥さんが自宅で開業しました。
「保育士の時は持ち帰り仕事が多く、結婚を機に退職しました。出産後、一年考えて子育てだけでなく、やっぱり働きたいなと。とはいえ、正社員で働くのも難しいと思い、融通が利く個人事業主になろうと、何を始めるか考えていました」。
出産後、腰痛改善のために子どもとピラティス教室へ。「好きなことを仕事にしたいと思っていた時にインストラクターの養成講座を知りました」。資格を取得し、いざ起業。しかし、初めての“経営”。「SNSでの発信や主人にHPを作ってもらうなど、できることからやっています。料金設定など分からなくて、始めて2 ~ 3カ月後に平塚信用金庫での女性向け創業セミナーに参加するなどし、なるほどと思うこともいろいろありました」と勉強も。
「ピラティスを始めて、気持ちも体も変化し、自信を持てるようになりました。自分が楽しんでいると主人や子どもにも、そして周りにもいい影響が出るみたい。幅広い年齢層の方ができるピラティスを身近な運動として広め、健康でイキイキとした明るい社会づくりに貢献したいです」。

20170527-43


 

 

20170527-46 20170527-44

ポーラ ザ ビューティー平塚宝町店
小宮裕美さん(夫、子ども3歳・1歳)
お店については☎ 0463-79-5034

「やりたいことにたどり着けました」と笑顔が光る小宮裕美さん。「ポーラ ザ ビューティー平塚宝町店」のビューティーディレクターとしてカウンセリングとエステで女性の美をサポートしています。
新卒で銀行に入行後、かねてから興味の強かった美容の世界へ。「中学の時、ニキビに悩んで自信が持てなくて。そんな時、POLAの肌分析をして、自分に合う手入れの仕方が分かったんです」。その時の思いが根底にあり、POLAへ応募。本社の社員として採用され、ポーラレディ(現ビューティーディレクター)の教育担当に。
「現場の方々と話すうちに、肌に悩んだ経験を生かして、私も現場で働きたいと思いました。ただ、業務委託となるので職の安定性を考えると当時は独身でしたし、一歩踏み出す勇気がなかなかなくて。でも、覚悟を決めました」と社員を辞めて現職へ。
その後、結婚し、妊娠。「妊娠期間は自分を見つめるいい機会になり、やっぱりこの仕事がやりたいと思いました。だから、今も続けています。美容だけでなく、女性同士の悩みなども話せる、人生を共にできる存在になりたいです」。

 

 

20170527-45

20170527-47