• 最新情報
  • 習いごと

[2017/11/20]

主婦脳は超優秀? 今日から役立つ! 女性にオススメ厳選本2冊 生活・経済・教育

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

うみ

うみ

海と歌、旅と美味しいものが大好き。雪国育ち、都内在住でしたが、海好きが高じて湘南に移住し10年が過ぎました。海まで5分、夫と高校生の娘と一緒に暮らしています。

読書の秋。
ロマンティックな恋愛小説など手に取って、しっとり・・・

といきたいところですが、色気より「生活に役立つもの」をと、つい実用書に手が伸びるタイプです(汗)

図書館活用が基本ですが、これはと思った本は手元に取り寄せます。その中で、ぜひ女性にオススメしたい!!厳選の2冊をご紹介いたします。

●●1冊目:『女の機嫌の直し方』 黒川伊保子


私が愛聴しているラジオ番組「ラジオ版 学問ノススメ」に、著者である黒川さんが出演されたのですが、

人工知能研究者という、堅そうな肩書とは思えない、女性的で明るい語り口。女性脳と男性脳の違いをわかりやすくお話されていて、その話の面白さに大爆笑しながら興味をそそられました。

s-20171119_2

まさに「私のトリセツ」です。タイトルは男性にオススメ?という印象ですが、これがどうして、自分が(女性が)よくわかるし、夫はもちろん、友達や子供とのやりとりにも役立つ優れモノです。

「男/女は〇〇ができない」に留まらず、ご専門である人工知能研究と照らし合わせて、「脳の装置の違い」を解説されているので納得感が深いのです。

オーブントースターでコメは炊けない

そもそも男女の脳は、例えば「炊飯器」と「オーブントースター」ぐらい、違う装置なのだそう。

男女の違いのいざこざは「オーブントースターに生米を入れて炊けないことに腹を立てているようなもの」というたとえに、なるほど!と吹き出してしまいました(笑)

例えば、よく言われる「男は結論から話す」「女は発端から話す」という違いは、対話エンジンが全く違うからだそうです。

男性脳は「ゴール指向 問題解決型
・全体を俯瞰
・すぐに問題解決しなければ!
・「世間にとって、正しいか正しくないか」

女性脳は「プロセス指向 共感型
・経緯を話すことで、反省や答えを得る
・共感を得ることで、その質がUPする
・「私にとって、心地良いか悪いか」

違いのベースは、「男は狩り」「女は産み育てる」という基本性能によるものと考察されています。

面白いのが、場合によって使い分けるそうで、男性でも自慢話は女性脳型で話したり、女性でも、例えば私、娘の長い話に「で、結局どうなったっていう話?」なんて、男性脳型で聞いていたりするので、反省・・・と、とても参考になります(汗)

目からウロコ 男性に家事は3倍のストレス?!

特に、男性脳の違いを感じた3ポイントをピックアップしてご紹介いたします。

1.男性脳は、ぼうっとしている時に頭が良くなる?

男性脳が最大限にフル回転する時は、脳の機能的に、ぼうっとするのだそう。お休みに家でぼうっとしていても、そっとしておいた方が得策?

2.男性脳にとって家事は3倍のストレス!

俯瞰して広く見る能力に長けており、半径3メートル以内の認知は不得意。主婦の気づく量の多さと、自然に結びつけてしまう力は超優秀で、人口知能も真似できないのだとか!

3.男性は成熟しないと自分の気持ちを語れない

女性とは違い【自分 < 世界】。「正しいか正しくないか」で考える男性は、自分の気持ちを「語らない」のではなく「語れない」のだそう。

現在は、男女平等化やライフスタイルの変化で、男性脳が女性脳化している傾向があるそうです。男性ホルモンの分泌にも関わるため「種の保存」の観点から考えると「ケンカが減っていいかも」と喜んでばかりもいられないようです。

大人の女性脳を基準に男性脳や子供脳をジャッジしてしまわず、「違いを知って、違いを楽しむ」ことができたら素敵ですね。(まだまだ修行が必要そうですが・・・)

 

●●2冊目:『勝間式 超ロジカル家事』 勝間和代


みなさんご存知の経済評論家、勝間さんの家事本です。

s-20171119_1

ちょうど「家事を時短したい!」という気持ちが高まっていたため、興味を持って購入しました。

内容は「料理」「掃除&洗濯」「収納」「家計」「ファッション」「健康管理」と多岐にわたります。

特に影響を受けたのが、お料理編。「働く家電は半年で元手が回収できる投資」と提案されています。

さすがに勝間さんと同じように何台も購入はできませんが、前から夫も欲しがっていた「圧力鍋」に家電タイプがあることを本で知り、興味津々に。

例えば、398円のお惣菜を、週に3回買ったとして、1ヶ月で5000円弱、半年で3万円弱です。

家電購入によって、そのぐらい節約できれば、3~4万円前後の商品なら、確かに半年程度で元手が回収できますし、たくさん作れば使える時間も増えます。早速、夫にプレゼンです!

S_6332311631300

我が家にニューフェイスがやってきました~。IH の「アイちゃん」と呼んでいます(笑)

安全で、セットしてしまえば、ほったらかしでカレーや肉じゃが、ヨーグルトなどもできるので大活躍しています。

S_6332311957551  S_6332311729743

ほどなく、20年近く使った電子レンジの買い替え時期が来たため、「待ってました!」と、本で紹介されている「スチームオーブン」について、再びプレゼンです。自動調理のほったらかしで、焼・揚・蒸しができて、かつ油を落とすためダイエットにも有効な優秀家電です。

s-20171001_1

こちらも型落ちを、お手頃価格でゲットできました

何品も一度に調理できるし、唐揚げもヘルシーにできるし、本当に重宝しています。焼き魚もふっくらジューシーで、別モノのような焼き上がりです。 魚より肉派の娘が「塩サバおいしい!」と喜ぶほど。

おかげで、サラダを作ったり、洗濯物を干したりしている間に「バターチキンカレーとタンドリーチキンが出来上がり」なんて時短が実現しています。

s-20171001_2  s-20171001_4

家電購入だけでなく、「魚焼きグリルにオーブントレイを使ってお手入れラクラク」や「煮干しを水につけておくだけで絶品出汁」など、ロジカル家事のヒントが満載の一冊です。


心や、家庭を豊かにするヒントをもらった2冊をご紹介させていただきました。私にとって本は先生です。また素敵な先生と出会えたら、ご紹介したいと思います。