• 最新情報
  • 習いごと

[2017/11/30]

不登校の子どもを持つ保護者のための会「カフェたんぽぽ」は藤沢にて笑顔で活動中☆ 生活・経済・教育

神奈川県藤沢市辻堂元町6丁目21番1号

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

えむちゅん

えむちゅん

藤沢に住んで16年目になります。海の近くに生息する?あったか〜い人々に囲まれながら、2人のお母さんもやってます♪記事を読んでくださった方がアクションを起こしたくなるようなそんなHotな情報をお届けしようと思います!

2017/10/4に茅ヶ崎で取材した「思春期カフェ」で、不登校のお子さんを持つ保護者の行き場の無い想いというものに触れました。⇒[過去記事]思春期カフェ
藤沢にもこのような場所は無いのかしら・・と思っていたところ、友人が紹介してくれました♪

“カフェたんぽぽ”は気持ちを明るくしてくれるランチ会!

「カフェたんぽぽ」は、カフェの名前では無く、
不登校の子どもを持つ保護者の会の名前です。
cafetanpopo_0090
代表をしているのは、背がすらっとした優しい眼差しの米澤美法さん。
高校生と中学生の男の子のお母さんです。

不登校のお子さんと向き合う中で、
お母さん自身が孤独にならず、同じ境遇だからこそ話せるコトを共有することで、
好転のきっかけになるのではないかと立ち上げた会だそうです。
「一人で悶々と考えて、孤独になって、不安になれば、
ピリピリしたものが子どもに伝わってしまうだけで、前に進まないのでは?」
まずはママの居場所づくりからです。
cafetanpopo_0081
訪れたのは、湘南T-SITE内のレストラン。
月に一度おいしいランチをいただきながら、いつものメンバーは近況報告を
初めて参加される方は、自己紹介から始まります。
この日は6人でしたが、12人くらいの時もあるそうです。
また東京や静岡など遠方から参加されている方もいらっしゃるのだとか。

新常識「不登校は珍しいことじゃない。無理に学校へ行かなくてもいい。」

不登校は私が小中学生だった時にもありました。
その頃は、親も学校も「早く学校に行かせなければ」と急かす時代でした。
でも、もうその考えは改めなければなりませんヨ☆

現在文部科学省では、不登校になったお子さんを無理に登校させなくて良いという指導になっているそうです。
学校に行くこと以外の学びの道についても世の中が模索し始めているのです。

cafetanpopo_0078
カフェたんぽぽでお話を伺った中学生のママの学校では、
3年生は各クラス2〜3人の不登校の生徒がいるんだそうです。
「多いですね」と思わず口から出てしまいましたが、
それくらい不登校の子どもさんは、どこにでも存在しているのです。

学校に行かなくなったお子さんは、その後どう過ごしているのでしょう?
カフェたんぽぽで様子を伺ったところ、
■ 家ではゲームしたりして過ごしている
■ 時々学校に行くようになった
■ 週に何度かフリースクールに通っている など様々でした。

学校に行かなくなっても、子どもたちの人生は前へ進んでいきます。
どのような道があるのか、そしてどれを選択するのかを親子で探していかなくてはいけません。
自宅学習のこと、高校受験のこと、学校の先生とのやり取りのこと、フリースクールのことなど
聞きたいことがたくさん出てきます。
学校の先生も対応してくれますが、担当になった先生によって対応にばらつきがあるのは事実。
そんな時に一緒に考えてくれる仲間、聞きたいことを教えてくれる仲間がいたら、心強いと思いませんか?

自由創造ラボ たんぽぽ 活動開始しました!

米澤さんは「自由創造ラボ たんぽぽ」というNPO法人を立ち上げる準備をしています。
次は、不登校の子どもたちのサポートと居場所づくりです。
■ したいことが、できる場所
■ したいことを、探せる場所
子どもの笑顔を増やす活動です。
cafetanpopo_0089
予約不要。出入り自由で、利用料も無料です。
ふらりと立ち寄って、のんびりしても良いし、ゲームしても良いし、
おやつを作ることもできるそう。
自宅以外で自由に過ごせる場所、
家族以外の人との交流ができる場所を作ることができたら、
子どもたちもほんの少し自信がつくのではないかしら?

この活動は元文部科学省事務次官 前川 喜平氏がスペシャルサポーターとして活動を応援しています! 前川さんは、教育機会確保法の成立に尽力した方で、多様な学びの必要性を全国に広めています。

米澤さんは、この会で不定期ですが、いろいろな方をお招きしてワークショップを開く予定だそう。それをただ楽しむだけも良いですが、ワークショップを通してやりたいことがみつかるきっかけになるかもしれませんね♪
米澤さんはこの他にも、もし子ども達が勉強したいことをみつけたら、それを勉強できるようにする仕組みづくり全国の不登校支援のネットワークを作りたい!・・・etcとてもパワフルな企画を心の中にお持ちでした!! これからのたんぽぽの成長も見逃せませんヨ☆

「自由創造ラボ たんぽぽ」では、活動に賛同・応援してくださる会員を募集しています!

「自由創造ラボ たんぽぽ」では、活動に賛同・応援してくださる会員を募集しています!

学校に通っている子も、通っていない子も、
それぞれがそれぞれの方法で何かを自分で学んで、
固定観念にとらわれずに自由に世の中を闊歩し刺激し合う
・・・そんな自由な雰囲気の日本になった方が、いろいろなことが解決しちゃうのかも☆

「自由創造ラボ たんぽぽ」では、活動に協力してくれるボランティアも募集しているそうです。隙間時間に子どもたちを見守ってくれませんか?
子どもたちが大人になった時、そっと寄り添ってくれた大人の優しさの意味を知り、
きっと大きな翼となると思いますよ。

自由創造ラボ たんぽぽ

[自由創造ラボ たんぽぽ]
活動日 月に1〜2回(2017年は11/2、12/7)
時間  AM10:30〜PM4:30
場所  高木ふれあい荘(鵠沼海岸より徒歩7分 藤沢市鵠沼海岸1-15-1)
Mail cafetanpoposhonan@gmail.com
予約不要・出入り自由・利用無料・海の近く

[カフェたんぽぽ]
活動日 第4木曜日(変更あり)
時間  11:30〜(2時間くらい)
場所 湘南T-SITE内
連絡先 カフェたんぽぽ(代表 米澤さんへ要予約)
Mail cafetanpoposhonan@gmail.com

[カフェたんぽぽプログ]
http://ameblo.jp/cafetanpoposhonan