• 最新情報
  • 習いごと

[2018/01/20]

不登校のお子さんの居場所づくり「自由創造ラボ たんぽぽ」に遊びに行ってみませんか? 生活・経済・教育

ゆったり流れる子どもの自由時間がエネルギーをチャージする

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

えむちゅん

えむちゅん

藤沢に住んで16年目になります。海の近くに生息する?あったか〜い人々に囲まれながら、2人のお母さんもやってます♪記事を読んでくださった方がアクションを起こしたくなるようなそんなHotな情報をお届けしようと思います!

昨年取材した「カフェたんぽぽ」⇒2017/11/30記事「不登校の子どもを持つ保護者のための会「カフェたんぽぽ」は藤沢にて笑顔で活動中☆」    
を運営している「自由創造ラボ」さんが手掛けている、もう一つの活動
不登校のお子さんたちの居場所「自由創造ラボ たんぽぽ」に遊びに行ってまいりました(笑)!
どのように過ごしているのかをレポート致しますね♪

不登校の子どもたちのお出かけの場

不登校のお子さんは、日中どう過ごしているのでしょう。
人それぞれだとは思いますが、
学校がある時間帯に子どもが外を出歩くのは、人目が気になるのだそう。
また、下校時刻は友だちと会うかも知れないので、これまた出られない。
不登校の子どもたちが、堂々と外出できる目的の場として「自由創造ラボ たんぽぽ」があります。

「自由創造ラボ たんぽぽ」は、古民家を使って活動しています。
それは、おじいちゃんおばあちゃんちを訪ねるような感じです。
tanpoporabo_0190

開室時間は10:00〜16:30。始めから終わりまで居ても良いですし、
都合の良い時間だけ参加してもOK!
わたしは、お昼過ぎに伺ったのですが、有り難いことにお昼を出してくださいました♪
tanpoporabo_0152
なんか、親戚になったみたい。
すっと溶け込め、まったりして緊張することが出来ない雰囲気(笑)

この日はインフルエンザでお休みという方が数名いて、参加人数は小3の3名。
多い時は16名参加の時も過去にあったそうです。
小学生がほとんどですが、中学生の参加もあるそうですヨ!
この日のスタッフさんは4名でした。

たっぷり時間がある中で、友だちと一緒に過ごす午後

既に食事を終えていた子どもたちは、何をして遊ぼうか、ブンブン駒を回しながら思案中。
tanpoporabo_0149
「すごい上手になったねぇ!朝は、そんなに回せなかったんですよ。」と声がかかります。

「みかんゼリー作るから手伝って」の言葉で、
差し入れでもらったという ご自宅の庭で取れたみかんを、1粒ずつ房から出す作業が始まりました。
tanpoporabo_0164
始めは上手く剥けなかったけれど、段々と早くなってプロ技に♪
ポケモンのおしゃべりをしながら、たまにはみかんを口に入れながら、作業に没頭しました。

その後出来上がったゼリーです

その後出来上がったゼリーです。美味しかった♪

「次、何しようか」
tanpoporabo_0167
部屋の奥まで日が差し込んで、ほっこりした日だまりが心を和ませます。
今の小学生の多くが、習い事や塾、ゲーム、テレビに追われる毎日を過ごしていますが、
ココには私が子ども時分に感じた、“時間を持て余してしまうほどゆっくり流れる午後の時間”というものが存在していました。

tanpoporabo_0179
カードゲームをすることに決まった、ちょうど良いタイミングで、
ボランティアの大学3年生金原くんが登場!
小学校の先生を志望しているという彼と子どもたちは、カードゲームで大いに盛り上がりました!

その後、おはじきをすることになり、男子は的の作成へ。
tanpoporabo_0203
ここで、Iくんはママがお迎えにいらしたので、帰宅することに。
帰り難いのか、なかなか帰る準備をし始めなかったナ(笑)

最後は松ぼっくり探しに、庭を駆け回る子どもたち。広い庭は安全な探検場所です。
そして、あっと言う間に夕方に。
tanpoporabo_0189

もっと遊んで、もっと動いて、もっと笑って♪

午前中は坊主めくりをしたんだそう。
本日のテーマはそれだけ。
あとは、決まったタイムテーブルは特に無く、
やりたいことをやって良い(やりたくなかったらやらなくて良い)そんな自由な雰囲気が、リラックスできるなと感じました。

きっと やらなきゃならないことが無く、時間を持て余した時に初めて 人間ってやりたいことを考え出すんじゃないかな。
「何かないかな〜何か面白いことしたいな〜何でもいいから楽しいことをしたいな〜」
そんな風にワクワクと考える時間が、子どもたちにとっての「生きるチカラ」になるのかも知れない と、ふと思いました。

だから、不登校の子どもたちの集まりだからって、何か特別なことをする訳ではなく、
子どもが子どもらしくいられる当たり前の場所で、だけどそれが心に滲みる そんな居場所でした。

「今は、まだ月に1回しか開けていないけれど、ニーズがあればもっと回数を増やしていきたいです!!」
と代表の米澤さんは、とても意欲的です♪
またスタッフさんたちは、不登校のお子さんに親しんでいる方たちなので、
お子さんだけの参加でも大丈夫ですし、ママさんたちのお話相手も出来ちゃう。
気軽に参加して欲しいので、参加費は無料にしているそうです。(お昼を食べる場合はランチ代300円)
次回は2/2(金)開催。午前中に味噌づくりをする予定だそうです!
※ 「自由創造ラボ たんぽぽ」では、活動に賛同・応援してくださる会員を募集しています。(詳細は下記に記載)

自由創造ラボ たんぽぽ

[自由創造ラボ たんぽぽ]
不登校の子どもたちのサポートと居場所づくりを提供している団体です。

活動日 月に1〜2回(次回は2/2)
時間  AM10:30〜PM4:30
場所  高木ふれあい荘(鵠沼海岸より徒歩7分 藤沢市鵠沼海岸1-15-1)
Mail cafetanpoposhonan@gmail.com
予約不要・出入り自由・利用無料・海の近く
お昼は、1食300円。(会員はお昼も無料)・差し入れ歓迎♪

※ 次回は2/2(金)で、お味噌づくりをする予定だということです。

[カフェたんぽぽプログ]
http://ameblo.jp/cafetanpoposhonan

[会員募集]
多くの皆さまの応援が、子どもの笑顔を増やす活動につながります。

入会金 1,000円
年会費 正会員:1口 2,000円 賛助会員:1口  500円
※ 会員の方にはニュースレター(不定期)をお届けします。
※ 入会ご希望の方は、代表の米澤さんまでメールで問い合わせしてください。
Mail cafetanpoposhonan@gmail.com