• 最新情報
  • 習いごと

[2017/07/12]

ロックにほろ酔う、醒めない夏のはじまり☆【熊澤酒造】 料理・グルメ

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

shiori

shiori

映画や文学などのカルチャー、美味しいもの、はっと足を止めたくなるスポットなど、好きなものに境界線はなくワクワクするものを探しにいくのがすき。横浜生まれ湘南そだち。

昼間が長くすこしお得な気分になる夏至も、キラキラとした七夕も通り過ぎて、いつの間にか夏がやってきました。

湿気はむしむししているけど緑の香りは濃くなっていくなあと感じる日に、
茅ヶ崎市香川の熊澤酒造に行きました。湘南地域に住んでいる方なら一度は足を運んだ方が多いのかな?

明治5年創業の、地域に根ざした〝ものづくり〟の取り組みを大切にしている熊澤酒造。お酒も、美味しいものも大好きなので行こう行こうとは思っていたのですがなかなか行けず。だけど今回初めて訪れるキッカケが。

「夏至」が年中行事で一番好きなメンバーのいる大好きなバンド、スピッツがファンクラブの会報で訪れたのを知ったからなのです。これは行かなくては!と居ても立っても居られず。(夏至がすきなのはマサムネさん☆)

敷地内での撮影とお酒にまつわるインタビューが掲載されてました

敷地内での撮影とお酒にまつわるインタビューが掲載されてました

香川駅からすこし歩くと見えてくるエントランスに気持ちがワクワク。

IMG_5937

お花もきれい

お花もきれい!

ここでベーカリーのパンを頬張るのもよさそう。

ここでベーカリーのパンを頬張るのもよさそう。

 

さっそく「MOKICHI TRATTORIA 」でランチ。

IMG_5954

IMG_5950

趣きのある店内は明るすぎず、広々とした清々しい空間。

今回のお目当ては、熊澤酒造に訪れなければ飲むことが出来ない夏限定のお酒「 さざなみ 」。

IMG_5941

スピッツの大好きなアルバム「さざなみCD」とおなじ名前なのでこれは外せない。

さざなみLP。最近アナログ盤も再リリース♡

さざなみLP。最近アナログ盤も再リリース♡

サラダと一緒にさっそく。透明でキラキラしてる。

IMG_5943

口にすこし含むとシュワシュワと弾けました。あまくて美味しい。
さざなみを飲むと夏のはじまりなんだ!なんていう夏の習慣にしようかな。

スピッツのメンバーも試飲した様子がファンクラブ会報にのっていて、「さざなみ」の他にも「天青」や「どぶろく」を試飲したそうです。混ざりたい。
IMG_5982

美味しいごはんもいただいて、ほろ酔い気分のまま酒樽を修繕する桶場をギャラリーとして蘇らせた「okeba gallery&shop 」へ。
IMG_5955

1Fは湘南地域のアーティストの作品の販売や古道具の販売、2Fは絵本を中心とした古書コーナーやワークショップ開催スペース。わたしが訪れた日はインディゴブルーの世界が広がる藍染めの展示がされてました。(藍染めも最近すごく気になってます、、!)

IMG_5956

さり気なく、gunungさんのあかいブックカバーをゲット。へへ。

IMG_5984

ギャラリーをでたあとは「mokichi wurst cafe」へ。

IMG_5962

IMG_5959

インテリア関連の書籍が多いのかな?チェストなども気になるデザインがあったり。

インテリア関連の書籍が多いのかな?チェストなども気になるデザインがあったり。

アイスアメリカンを飲んでゆったり。

実は、この熊澤酒造を訪れた前の日は、スピッツ結成30周年のツアーのため静岡まで遠足。ツアー初日だったのでドキドキでした。

IMG_5924

結成30年でメンバーも全員50歳♩

結成30年でメンバーも全員50歳♩

わたしは音楽が大好きなのですが、邦楽はどうも日本語の歌詞に引っ張られてしまう感覚があってやや苦手意識がありました。だけどそんな意識を突き破ってきたバンドがスピッツ。

大人になって改めてアルバムをひとつひとつ聴いたとき、柔らかいのにツンツン尖っている音楽にガーンとなってしまい、それ以来その世界から醒めないまま。
世界でいちばん好きなバンドです。ライブ会場では世代問わずいろんな方がいて親子連れなどよく見かけます。

スピッツは今年で結成30周年を迎えるアニバーサリーイヤー。シングル集も7/5に発売されて、この夏は街中でもスピッツの音楽がたくさん聴けるのが嬉しくて仕方ありません。

IMG_5976

大好きなバンドが訪れた場所で、前日のツアーの感想や思いを、「mokichi wurst cafe」の屋根裏部屋みたいなスペースで談義している時間がとっても幸せでした。

話し込むのに夢中で、お土産を買おうとしたらすっかり何もなくなってしまったのはトホホとなってしまったけど!また来よう。

それではまた。

熊澤酒造株式会社

〒253-0082
神奈川県茅ヶ崎市香川7−10−7
TEL 0467-52-6118
FAX 0467-52-6119
※下記リンクから、各レストランへの問い合わせが出来ます。
http://www.kumazawa.jp/mokichi/