• 最新情報
  • 習いごと

[2017/10/13]

プチ江の島ガイドとしてふらり旅 地域・観光・歴史

つるの剛士さんお勧めの3大スポット制覇

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

フナミ

フナミ

湘南生まれの湘南育ちで在住★★年! 泳ぎは得意ではないですが、湘南を愛する気持ちは誰よりも強いです! 清く正しく楽しく!!をモットーに楽天的に生きています!

夏の終わりに女友達と行った江ノ島ふらり旅!地元の江ノ島の魅力を存分に味わったところでこんなもの発見しました!(駅名は江ノ島って書いて、観光スポットは江の島って書くみたいですね。今回は江の島に統一します)

IMG_7616IMG_7604IMG_7607

 

 

 

5月末に行ったふじさわ観光親善大使のつるの剛士さんコンサートで、頂いた名刺!この名刺を持参すると江の島コッキング苑、シーキャンドル、岩屋の各施設が無料になります。嬉しい!行こう!なんて喜んでそのまましまい込んでいたのを先日発見しました!!なんと有効期間が2017年9月30日で、ギリギリセーフでした。

IMG_0210IMG_0209IMG_0211

 

 

 

晴天とはいかないまでも、雨降りではない週末にと共に江の島を目指しました。駐車場は何か所かあり、奥へいくほど空いていてお安くなっているようです。江の島エスカレーターもお馴染みですが、自力で上がっていくのがわが家の行き方です。

IMG_0223IMG_0219IMG_0220

 

 

 

前回は手前までだった江の島サムエル・コックング苑名刺を見せて入場しました。スタンプでパスはなんだかVIP気分です。目の前でみる灯台はなかなか大きいです。野外ステージでは、フラランスの発表会を開催中で、ハワイアンの音楽で盛り上がっていました。エレベーターに乗って上がっていきます。高さ59・8メートル、海抜119、6メートルの展望灯台です。

IMG_0214IMG_0216IMG_0217

 

 

 

やや曇りでしたが、眺めはなかなか良かったです。青い海に青い空が果てしなく広がっています。南に大島、西に富士山、東に三浦半島を望むことが出来るそうです。風が強くカメラを落とさないか、少しハラハラときどきしました。

IMG_0221IMG_0228IMG_0230

 

 

 

コッキング苑は、国際交流をテーマに藤沢市の友好都市コーナーが設けられています。南洋植物をはじめ、四季折々の花が1年中楽しむことが出来ます。冬にはライトアップが楽しみです。

IMG_0226IMG_0227IMG_0225

 

 

 

フレンチトースト発祥ロンカフェ1号店があるマイアミビーチは、まるで異国にでもいる気分になってきます。冬は炬燵があるのも人気です。

IMG_0224IMG_0229IMG_0222

 

 

 

一杯で森林浴、散策スポットとしても気持ちが良かったです。入園するだけの価値をたっぷり味合うことが出来ました。

IMG_0231IMG_0232IMG_0233

 

 

 

スカイツリーもですが、灯台は実際に上るよりも、少し離れて拝んだ方が、これだ!と実感することが多いです。あらためてみると、本当にあそこに上ったのね?という不思議な気持ちになってきます。灯台を見ながら、キウイのアイスキャンデーで一休みです。

IMG_0235IMG_0236IMG_0237

 

 

 

山ふたつ・竜宮をとおって今日は岩屋と向かいます。うっすらと晴れてきて途中富士山を見ることが出来ました。江の島といっても奥が深いんだなと歩きながら感じました。

IMG_0239IMG_0240IMG_0241

 

 

 

岩屋は子供たちと一緒にだいぶ前に来たことがありますが、真っ暗な中に龍がいた!という漠然とした記憶しかなく、今回とても新鮮でした。長い歳月を経て波の浸食で出来た岩屋第一岩屋(奥行152m)第二岩屋(奥行25m)から成ります。中へ入ると蝋燭をもらって1歩1歩踏みしめて歩いて行きます。

IMG_0243IMG_0244IMG_0245

 

 

 

第一岩屋の奥からは、「富士へ通ずる」との言い伝えも残されています。江島神社の発祥の地でもあるそうです。第二岩屋へ向かう全長128mからは、相模湾とその向こうに広がる富士山の景色が一望できます。なんともいえない開放感を味わうことが出来ました。

IMG_0248IMG_0249IMG_0250

 

 

 

第二岩屋は色々な色にライトアップされるのが、神秘的な感じがしました。

IMG_0251IMG_0252IMG_0253

 

 

 

 

IMG_0254IMG_0255IMG_0257

 

 

 

夏の終わりの静かな海を感じながら、岩棚の散策も楽しいです。磯遊びをする子供や釣りなど皆が海を思い思いに楽しんでいる様子が感じられました。江の島から舟も出ています。

IMG_0258IMG_0262IMG_0263

 

 

 

富士山がうっすらと見えてきたのが嬉しかったです。江の島には富士見スポットが何か所かあります。

IMG_0264IMG_0265IMG_0266

 

 

 

せっかく奥まで来たので、江の島の恋人たちに人気のスポット龍恋(りゅうれん)の鐘も行ってみました。江島縁起「天女と五頭龍伝説」の恋物語にちなんで建てられたもので、多くの人があやかってを鳴らしに訪れています。近くには、恋愛成就南京錠もありました。縁結び江の島ならでのスポットだなと思いました。

IMG_0267IMG_0268IMG_0270

 

 

 

1964年の第18回オリンピックのヨット競技場として造られた江の島ヨットハーバー2014年には、江の島湘南ヨットハウスとして完成しました。約1000隻のヨットが収容されてセーリングを楽しむ人々でにぎわっています。今再び2020年東京オリンピックに向けて準備が進められています。いよいよ東京オリンピックまで1000日と少し!ますます活気が増す江の島界隈です。ふじさわ観光親善大使としても一層お忙しい日々になるのでしょうか?

IMG_0271

無事スタンプ3つ制覇!してスタンプラリーを完了したような達成感で一杯です。身近な江の島がより一層親しみがある奥深いスポットになりました。私もプチ江の島ガイドとして多くの人に江の島の魅力を伝えていけたらな!と思いました。

 

 

 

藤沢市片瀬江の島観光案内所

電話0466-24-4141