• 最新情報
  • 習いごと

[2017/06/16]

N.P.Oパパラギ 海岸生物観察会【江ノ島編】 生活・経済・教育

大潮の干潮時に現れる岩場で、海岸生物と潮汐を知る!

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

HAPPA

HAPPA

写真と旅とカフェを愛する、2児の母です。 今年の目標は、砂糖と小麦粉を控えて「激しく!」運動すること。 季節感を大切に、湘南のおいしい&HAPPYな空気をお届けします!

昨年、公民館にあるチラシで知った N.P.O パパラギ “海と自然の教室” が、江ノ島と鎌倉で行う「海岸生物観察会」。
私の雨女パワーが働いてしまったのか、予約した日が雨風で中止になること、数回。

この度快晴のもと参加できたので、張り切ってレポートしたいと思います!

DSC01137 (400x257)

江ノ島奥の県営駐車場 向かって右端に11:00集合。
バケツと網を持っている親子連れの後をついていくと、すでに沢山の参加メンバーが集まっていました!
参加費ひとり100円(未就学児は無料・要大人の付き添い)を払い、持参したマリンシューズに履き替え、日焼け止めをたっぷりと塗ったら、準備完了。
初夏とはいえども、晴れると暑いです。
日陰はほぼないので、熱中症対策は万全に!

DSC01144 (400x268) (2)

全体で説明を聞いたら、グループに分かれて早速岩場へ向かいます。
ボランティアのリーダーさんが、海辺に生息する危険な生物(フジツボ、ガンカゼ、ゴンズイ、ハオコゼなど)について、わかりやすく説明してくれました。

DSC01158 (400x285)

大潮の、干潮になる時間帯なので、岩場の潮だまりには磯の生物がたくさんいます!
金魚用の網で、おもしろいカニをGET~!
ちぎった海藻を自分の背中にくっつけて、変装しているそうです。
身を守るためだけれど、なんだかオシャレしてるみたい?!

DSC01156 (400x312)

狭いところに入り込んで、大人も子供も集中して生き物を探します。
はじめは戸惑っていた子供たちも、一度海に足をいれたら、もう止まりません。
袖やお尻を濡らして、ハンターの如くどこまでも。

DSC01151 (400x270)

大きなムラサキウニ!

DSC01150 (400x283)

可愛い赤ちゃんカニ!

DSC01162 (400x290)

他のグループは、手のひらほどもある元気なカニを捕まえていました!
観察の時間まで、水を多めにはった入れ物に入れて弱らせないよう気をつけます。
本来は自分で調べるべきですが、知識豊富なNPOスタッフやボランティアの方々に採れた生き物を見せると、すぐにその名前や特徴を教えてくれるので、図鑑要らず(笑)

DSC01174 (283x400)

採集は一時間ほど、夢中だったのであっという間に終わってしまいました。
すぐに岩場で観察会が始まります。
みんないっぱい採っていて、びっくり!

DSC01171 (265x400)

ヒトデやバフンウニの赤ちゃん♡
おなじみのヤドカリや、キモかわいいクモヒトデなども。

DSC01183 (400x282)

この縞々のお魚は・・・なんだっけ?
失念しました。
どなたかご存知でしたら教えてくださーい!

DSC01178 (400x276)

アメフラシも多数!どの個体も大きかったです。
今回は、いつにも増して多彩な種類が集まったそうです。

DSC01175 (400x262)

ありがとう♪ バイバイ!

観察会終了後は、全ての生き物をもと居た場所へ返し、江ノ島の潮汐表(ちょうせきひょう)をもらって潮の満ち引きについて学びました。
今回入った岩場は、大潮の干潮時以外は海の下なので入れません。
自然って凄い!と、実感させてもらった2時間でした。

海岸生物観察会は大潮の日、干潮になる時間帯を選んで開かれています。
今年は、江ノ島が4/29(土)5/13(土)5/27(土)5/28(日)6/11(日)の5日間、鎌倉が6/10(土)6/24(土)6/25(日)の3日間の開催になります。
事前に予約が必要ですが、個人で行くより盛りあがるし色んなことを教えてもらえるので、おススメですよ!

お問い合わせ
N.P.O パパラギ "海と自然の教室"

神奈川県藤沢市南藤沢10‐4

TEL: 0466-26-0088

FAX: 0466-26-7540

http://www.umino-npo.com