• 最新情報
  • 習いごと

[2015/01/22]

シラセさんぽvol.3 花と文化の薫りを訪ねて─菜の花咲く二宮へ 地域・観光・歴史

この記事をクリップする

  • シラセさんの部屋
  • 連載コラム

湘南リビング新聞社契約スタッフ、湘南の物知りシラス・シラセさんが湘南各地を巡ってさまざまな魅力を“お知らせ”するコラム「シラセさんぽ」。今回はこの時季、菜の花の美しさで知られる二宮町を歩きます。

吾妻山

過去の様子

過去の様子

相模湾を見渡せ、四季折々の自然が楽しめる「吾妻山」。アスレチックや小動物園などもあるファミリースポットです。この時季は菜の花が見ごろに。2/8(日)まで「菜の花ウォッチング」を開催。まちを巡るスタンプラリーやイベントなども。詳細はHP で。

二宮町観光協会 TEL 0463(73)1208
http://shonan-ninomiya-kankou.com/
※二宮駅北口から吾妻山公園役場口入り口まで徒歩約5 分、階段で展望台まで約20 分

shirase_sanpo_150124_2二宮町ふたみ記念館

二宮出身の異才の洋画家・二見利節(ふたみとしとき)の作品や関連資料を展示・保存している「二宮町ふたみ記念館」。開館3周年の記念展示を実施中です。

TEL 0463(70)3210
二宮町山西1953-1。10:00 ~16:00。月曜休(祝日の場合は翌日休)。一般500 円、中学生以下無料。※菜の花ウォッチング期間中の2/8(日)まで無休・入館無料。
http://www.town.ninomiya.kanagawa.jp/futami_museum/

徳富蘇峰記念館

見ごろはこれから(過去の様子)

見ごろはこれから(過去の様子)

ジャーナリスト、歴史家などとして活躍した徳富蘇峰の資料や書簡などを展示する「徳富蘇峰記念館」。4 万6000 通の書簡からは、明治・大正・昭和にわたるさまざまな人物とのやりとりに生きた歴史が感じられます。「かながわの花の名所100 選」に選ばれた庭は、80 本の梅の木が見事。2 月中旬ごろ見ごろに。水仙も美麗。現在、吉田松陰の直筆色紙や門下の書簡を展示中。12/20(日)まで。詳細はHP へ。

TEL 0463(71)0266
二宮町二宮605。10:00 ~ 16:00。月曜休(祝日の場合は翌日休)。一般700 円、高校・大学生500 円(梅園入園のみは100 円)
http://www.soho-tokutomi.or.jp/

おみやげに…♪
みかんと菜の花のケーキ&パン

shirase_sanpo_150124_4しっとりとした生地に甘酸っぱい二宮産みかんが香る「湘南二宮みかんロール」(左)。菜の花の花言葉「小さな幸せ」(右)と名付けられたロールケーキは、生地に菜の花を混ぜ合わせ、春の息吹を感じさせます。11月~春ごろのみ。各1 個216 円。
◇芦の屋
TEL 0463(71)2293
二宮町二宮890-8。10:00 ~ 19:00。水曜、第1日曜休み

shirase_sanpo_150124_5菜の花を丸ごとミキサーにかけ、生地に練り込み焼き上げた「菜の花パン」左・173円。中味のつぶあん、クリームチーズ、カスタードクリームなどと相性◎。二宮産のみかんと落花生を使った「お日さまの恵み みかピーナ」(右・270 円)も人気です。ともに春ごろまで。
◇無添加パン屋むーにゃん
TEL 0463(71)8224
二宮町二宮824。9:30 ~ 18:00。日曜・祝日休。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/munyanonline/