• 最新情報
  • 習いごと

[2016/03/24]

シラセさんぽ 鎌倉・腰越周辺 地域・観光・歴史

潮風香るまち

この記事をクリップする

  • シラセさんの部屋
  • 連載コラム

shirase_sanpo_141227_1 湘南リビング新聞社契約スタッフ、湘南の物知りシラス・シラセさんが湘南各地を巡ってさまざまな魅力を“お知らせ”するコラム「シラセさんぽ」。今回は、鎌倉市の腰越周辺を歩きます。


悲劇のヒーロー・義経ゆかりの寺
満福寺

義経ゆかりの寺。鎌倉入りを許さなかった兄・頼朝の疑念を晴らそうと送った「腰越状」はここで書かれたと伝えられ、その下書きとされる弁慶筆の書状が見られます。本堂では、鎌倉彫の技法を取り入れた漆画が32 面のふすま絵となり、義経の物語を伝えます。境内には弁慶の腰かけ石なども。毎年4 月の第3 土曜日に開かれる「義経まつり」。今年は4/16(土)に開催され、午後1時から慰霊法要をここで行い、2 時から龍口寺~腰越天王屋敷でパレードが行われます。

鎌倉市腰越2-4-8。9:00 ~17:00。 ☎ 0467-31-3612

160326-7

満福寺の看板娘ならぬ 看板ネコ、“ノナちゃん”(15 歳!)も人気者

 

人気に納得!「朝どれフライ」
腰越漁業協同組合直売所(腰越漁協販売所)

大ぶりなのにぺロリといけます※魚の入荷状況により価格は変動します

「朝どれフライ」は名前の通り、その日の朝に腰越漁港で捕れた魚を使ったフライ。この日はカマスのフライとイワシの天ぷら。生パン粉を使ったふわふわサクサクのフライは肉厚で白身のホロっとした食感が絶妙! イワシの天ぷらは臭みがなく、2 度揚げでサックリ。ごはんなどの持ち込みOK。また、毎月第1・3木曜日の午前10 時からは、新鮮な地魚などが並ぶ「腰越漁港朝市」が開催されます(12 月~3月上旬は休み)。

鎌倉市腰越2-9-1。13:00~ 17:00。水・金曜休み。 ☎ 0467-32-4743

 

おそば屋さんの手作りスモークチーズ
そば切り 佳人

1個880円

国産そば粉を使った手打ちのそばの店で評判の一品が「鎌倉スモークチーズ」。常温保存にこだわり、なめらかさと香ばしい風味が楽しめます。サクラのチップを使い、お店でスモーク。手作りなので一日に作れるのは100 個。ネット通販で買い求める人も多いそう。種類はプレーンのほか、湘南らしいシラスやタコなどもあります。

鎌倉市腰越3-14-9。11:30 ~ 14:30(チーズ販売は16:00ごろまで)。水・木・土・日、祝日営業。※臨時休業あり。 ☎ 0467-32-8858

“鳩サブロー”の鎌倉ガイドブック登場!
抽選で読者1 人にプレゼント

A5判。1300円(税別) ◇問い合わせ 毎日新聞出版 ☎ 03-6265-6941

A5判。1300円(税別)
◇問い合わせ
毎日新聞出版
☎ 03-6265-6941

鎌倉を代表するあのお菓子から生まれた“鳩サブロー”が、ディープな鎌倉の魅力を紹介するガイドブック「鳩サブローの春夏秋冬鎌倉の歩き方」が2 月末から全国書店で発売中です。鎌倉の行事情報やハイキングコース、市内の22 の神社、58 の仏閣が掲載。地元で生まれ育った鳩サブローならではの一冊です。
この本を抽選で読者1人にプレゼント!

応募は締め切りました。