• 最新情報
  • 習いごと

[2016/01/21]

シラセさんぽ 茅ヶ崎・高砂通り周辺 地域・観光・歴史

心落ち着くのどかな場所

この記事をクリップする

  • シラセさんの部屋
  • 連載コラム

shirase_sanpo_141227_1 湘南リビング新聞社契約スタッフ、湘南の物知りシラス・シラセさんが湘南各地を巡ってさまざまな魅力を“お知らせ”するコラム「シラセさんぽ」。今回は、茅ヶ崎市の南口、高砂通り周辺を歩きます。


別荘地の面影残る高砂緑地
松籟庵(しょうらいあん)

160123s-2

見事に花をつけた一昨年の様子(茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団提供)

見事に花をつけた一昨年の様子(茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団提供)

明治に名を馳せた俳優・川上音二郎、貞奴夫妻の居宅があった高砂緑地。この一角にある茶室・書院「松籟庵」の日本庭園は四季折々表情豊か。2 月は梅が花開き、2/11(木・祝)10:00 ~ 14:30 には「梅まつり」を開催。茶室でのお茶席のほか、とん汁、焼き芋、綿菓子などの模擬店、陶芸作品などが並びます。また地元の子どもたちの太鼓演奏も(11:00/12:00/13:00)。※雨天の場合はお茶席のみ
茅ヶ崎市東海岸北1-4-50。9:00 ~ 16:30、月曜休館(月曜が祝休日の場合は直近の平日)。
☎ 0467-87-5258
http://www.chigasaki-shouraian.jp

非日常のアートな世界へ
茅ヶ崎市美術館

1998 年に別荘地跡に建てられた開放感ある美術館。1/31( 日)まで企画展「―まぼろしの翼―島谷晃展」を開催中(観覧料300 円)。現在の藤沢市片瀬に生まれ、国内外で活躍したアーティスト・島谷晃。フクロウなどの鳥と人とを結び合わせた、色彩豊かな不思議な世界に浸って。共催展「絵はがきになった湘南の風景」も同時開催中(無料)。2/7(日)~ 3/27(日)は「春季収蔵作品展」を開催予定(200 円)。

島谷晃の作品

島谷晃の作品

茅ヶ崎市東海岸北1-4-45。4~10 月は10:00~18:00、11 ~ 3 月は17:00 まで(入館は各30 分前まで)。月曜休館(祝日を除く。そのほか、振替・臨時休館などあり)。観覧料: 常設展一般200 円・企画展別途料金。
☎ 0467-88-1177
http://www.chigasaki-museum.jp

 

足を延ばしてこちらにも! 3月が見ごろ
閑静な住宅街にたたずむ庭 
氷室椿庭園

早咲き見つけ…♪ ボソッ…。

雄三通りを少し東に行ったところにある約2800㎡の庭園。約1300 本のさまざまな庭木があり、特に椿は約200 種類も! 例年は3 月のお彼岸ごろが見ごろです。

160123s6

茅ヶ崎市東海岸南3-2-41。9:00 ~17:00、月曜休園(月曜が祝休日の場合はその翌日)。※ 3 月は無休。
☎ 0467-82-2823


お肉とワインをオシャレに楽しめる
茅ヶ崎マダム御用達「アペロトン」

160123s-7“アペロ”とは、アペリティフ(食前酒)のこと。ワインに合う生ハムやパテ、テリーヌなど、お店で手作りされた肉料理や惣菜が並びます。やまと豚を使った「ローストポーク」や「パテ・ド・カンパーニュ」は、素材の味が生かされ美味(写真)。テイクアウトのほか、カフェ&バル併設で自家製パンを味わえるランチも地元マダムに人気です。

◇アペロトン 茅ヶ崎市中海岸1-1-14。11:30~ 20:30(日曜は18:30 まで)、月曜定休。
☎ 0467-40-4088。
http://www.aperoton.jp